大房岬(1)

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2007年03月10日22:52
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

さて、「風っこ南房総号」を富浦駅で撮影したわけですが、わざわざこんな田舎の小駅で撮影したからにはそれなりの理由があります。駅間で走行中の列車の写真を撮るのは準備も大変ですし、車両の細部を観察することができませんので駅で撮影することにしたというのが1つの理由ですが、本当の理由はそんな簡単なことではありません。

思い出の場所
http://clip.alpslab.jp/bin/map?pos=35/1/52.691%2C139/49/27.031&scale=250000
ALPSLAB baseへのリンク

富浦駅から西(海)側へ3kmほど行ったところに「大房岬(たいぶさみさき)」という海に突き出た岬があります。それほど有名な観光スポットでもないためご存知の方は少ないと思います。それもそのはず。岬の大きさはとても小さく、縮尺50万分の1くらいの広域地図になると省略されて見えなくなってしまうほどです。今回の目標はここに行くことでした。本来は電車ではなく車を利用すべき場所で、かなり強気の計画です。

ここまでするには相応の理由があります。

9年前の5月、私はこの大房岬に来ています。それは小学校の林間学校。この場所には千葉県が運営する滞在型の教育施設があり、私もその施設を利用したのです。そのときの思い出はもはや一生モノと言ってもよいものです。
時は流れて2007年。大学生になってそんなことは記憶の彼方へすっかり消え、鉄道ファン度を極めた(?)私は内房線で多数走っているちばデスティネーションキャンペーン関連の臨時列車を追っかけ続けていました。2月11日(日)の「SL/DL南房総号」の運転の際にそれまで行ったことの無かった館山駅にも到達しています。行き帰りの2時間の電車では車窓に広がる海・山を見ながらボーッと過ごしていました。



上総湊付近の車窓。(記事内容とは無関係。)

線路と並行する国道127号線と東京湾、
連続するトンネル、
そして富浦駅の前後で見えた海へ突き出す岬・・・
あれが大房岬かっ!

この瞬間あの頃の記憶がよみがえってきました。
そして家に帰り、次の臨時列車の撮影計画を立てているうちに「あの場所にもう一度行けないだろうか?」と考えるようになります。そして運良く前述の「風っこ南房総号」を撮影に際して時間的にも場所的にも好条件であることが判明しました。

「せっかく青春18きっぷ1回分を使って行くのだから実りのある旅にしよう」

こうして9年ぶりの大房岬訪問計画は私の中で揺ぎ無いものになったのです。

まだ、現地にも到達せずに終わってしまいましたが続きは次の記事で。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉県 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉  南房総市  大房岬
<<<新しい記事:PCの中を掃除しました
古い記事:風っこ南房総号in富浦駅>>>

最新記事

広島県竹原市のマンホール(2020/03/31)
コミックマーケット98中止と今後の対応について(2020/03/28)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2020年1月25日取材)(2020/03/25)
千駄ヶ谷駅改良工事(2020年1~3月取材)(2020/03/20)
品川駅再開発(4) 都営浅草線泉岳寺駅拡張(2020/03/13)
品川駅再開発(3)京急品川駅地平化と北品川駅高架化(2020/03/01)
沼津市のマンホール(2020/02/15)
静岡市のマンホール(2018年版)(2020/02/14)
東京メトロ銀座線渋谷駅新ホーム使用開始 - 渋谷駅再開発2019-2020(3)(2020/02/09)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2019-2020(2)(2020/01/29)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter