「開運号」カラーの3200形

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


「開運号」カラーの京成3200形撮影の続きです。金町線は3300形が走っていたということで潔く諦めて、次に可能性のある千葉線に乗るべく京成津田沼駅へ向かいました。例のごとく運転席の後で前面展望を楽しんだわけですが(笑)、都内の駅はなぜかカメラマンで一杯で「まさか本線を走っている?」と考えたものの、結局すれ違うことは無く京成津田沼駅に到着。千葉線はこの時間新京成との直通か津田沼~ちはら台間の区間運転だけで、全編成が一周してくるのにもそれほど時間がかからないことからしばらく待ってみることにしました。

そして30分以上待ったものの「開運号」カラーの3200形は現れず、寒くなってきたので自販機でコーンスープを買って飲み始めました。(ちなみに、私はコーヒーはあまり好きじゃないんで飲みません。)もう帰る気満々だったわけですがそこで、後を振り返ると・・・来た!




「開運号」カラーの3200形が5番線へのポイントを渡ってくるのが見えました。残りのコーンスープを10秒で飲み干し(爆)、5番線ホームへ向かいます。






(▲クリックすると拡大します。1202*450ピクセル)

車内に入るとびっくり。広告枠にはこの3200形が「開運号」として走っていた当時の写真やこの車両の歴史に関する説明が掲げてありました。この車両は1月28日(日)に上野-成田間で走った「開運号」のリバイバル運転に使用されたわけですが、車内はそのときのままにしていたようです。
文字が読める画像サイズでアップしておきました。スクロールしながらご覧下さい。



前回新京成の8000形を撮ったみどり台駅にて。

千葉線内も検見川駅などにカメラマンが多数待ち構えていました。後ほど調べたところ、この列車の直後に高砂→ちはら台の行路で電動貨車が走ったようです。

▼参考
1番のりば トピックス「【京成】モニ工臨運転」(リンク切れ)

コーンスープを飲んで、お目当ての車両も撮れて心も体も温まって家に帰りましたとさ・・・(謎)
ちなみに来る3月3日(土)にはこの車両の引退を記念した硬券乗車券が発売されます。お見逃し無く。


▼関連記事
京成3200形片開きドア車(2006年11月26日)
→この車両に関する簡単な説明。

2007年2月17日撮影分(終)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:京成グループ(北総・新京成・芝山など) の最新記事

京成AE形・特急「スカイライナー」(2011年11月22日作成)
京成3050形(3000形7次車)(2011年11月16日作成)
【動画有】新型スカイライナーAE形…成田スカイアクセスまもなく開業!(4)(2010年07月04日作成)
京成電鉄創立100周年記念リバイバルカラー電車(2010年03月21日作成)
新京成800形(2008年06月11日作成)
大雪の京成千葉線 - 08年2月3日(2008年02月04日作成)
「開運号」カラーの3200形(2007年02月27日作成)
新京成線・京成千葉線直通運転「matsudo to CHIBA」(2006年12月24日作成)
地元で京成線の撮影(2006年12月10日作成)
京成3200形片開きドア車(2006年11月26日作成)
その他の記事はこちら
古い記事:大回り帰宅>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter