大回り帰宅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

先々週の週末のネタがまだ続きます。

向島百花園からの帰りは
東向島→(東武伊勢崎線)→押上→(京成押上線)→高砂→(京成本線)→京成津田沼→(京成千葉線)→千葉
というようにJRを使わず私鉄だけを使って大回りして帰りました。「開運号」カラーの3200形を撮るためです。といってもダイヤなどは一切調べておらず、「運次第」の撮影となりました。





半蔵門線直通急行は東向島には停まらないため東向島から押上に向かうには曳舟で一度乗り換える必要があります。東向島→曳舟で乗ったのは8000系6両編成だったわけですが、編成構成が2両編成X3本(=すべて先頭車)というものすごいことになっていました。東武はこういう分割編成が多く、半蔵門線に直通している30000系も6両+4両の10両編成になっています。これが災いして東急田園都市線の朝ラッシュ時に中間運転台の分定員が減って遅延の原因となり、一部が中間運転台の無い10両編成の50050系に置き換えられているのは周知の通りです。





押上から曳舟に入ってくる電車を眺めた様子。編成の後ろ1/3くらいが下に向かって大きく曲がっています。半蔵門線の押上駅は京成・都営浅草線のホームの下に造ったため、高架の曳舟駅まで一気に4階分上がることになり、30パーミル(1000メートル進んで30メートル高度が上がる≒1.7度の傾斜)という急勾配になっています。この線路を電車に乗って通過すると座っていても「坂を登っている(下っている)」というのを強く感じます。「もしも途中でブレーキが壊れて暴走したらどうなっちゃうの?」と要らぬ心配をしてしまいます。



「開運号」カラーの3200形は4両編成であり、ネット上でかねてから金町線か千葉線の区間運転に充てられているという情報がたくさん流れていました。というわけで高砂駅で待っていたものの来たのはこの3300形。日中は1編成が往復しているだけなので諦めて京成津田沼へ向かいます。



金町線の電車を待っている間に北総7000形が来ました。来る3月25日のさよなら運転をもっていよいよ引退するそうです。(→北総鉄道ホームページに情報があります。)

超手抜き記事でスミマセン・・・(爆)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
<<<新しい記事:「開運号」カラーの3200形
古い記事:向島百花園と梅まつり>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter