東武浅草駅のネタ風景「『狭い!』そして『広い!』」

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2007年02月22日20:25
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

何だか意味不明なタイトルですが・・・

上野駅で常磐線を撮った後は地下鉄銀座線に乗って浅草駅に向かいました。この翌日に行われた東京マラソンでは、浅草の一角が道路の交通規制により6時間にわたって「孤立」することになり、一時はどうなることかと思いましたが大きなトラブルは無く過ぎたようですね。



銀座線浅草駅改札口。

当初、「孤立」する地域とその外との行き来はこの地下鉄銀座線・都営浅草線の通路を使うほかなく、「それでは殺到する群衆を裁ききれない」と大問題になりました。当日は付近にある地下駐車場の通路も開放したようで「将棋倒し」など事故は起きずに済んだようです。

窮屈な東武浅草駅
地上に出て東武浅草駅に向かいます。この後東向島駅のそばにある「向島百花園」に行きました。
東武浅草駅は頭端(行き止まり)式の駅で、首都圏の私鉄ターミナル駅ではよくありがちなデパートと一体構造になった建物になっています。ただし、入居しているのは東武百貨店ではなく松屋です。

で、電車に乗るためホームを歩いていったわけですが・・・



狭い!
ホームの先端はまるで針の先のようにどんどん狭くなっています。一番先では数十センチの幅しかありません。電車進入時にこの場所に立つのは不可能でしょう。さらに足元は・・・



広い!
線路が急カーブしているため、電車とホームの間が人1人が余裕で入ってしまうほど開いてしまっています。この駅は日光方面に向かう特急「スペーシア」などが発着しますが、このカーブにかかる扉では隙間を埋めるため「渡し板」がかけられるほどです。

ではなぜこのような構造になってしまったのでしょうか?
浅草駅を出た先は隅田川を渡り北千住へ向かうためすぐに“超”急カーブで北から東へ進路を変えます。そのカーブの制限速度はなんと15キロ。おおよそ20メートルの大型車両が走る路線とは思えません。この駅が開業したのは戦前の1931(昭和6)年。当時は列車の1両当たりの大きさも編成両数も少なく、建物の中の直線ホームにきれいに収まっていました。その後、乗客数が伸びるのに対応して車両の大型化・増結が行われていきますが、この東武浅草駅は松屋デパートと一体になった構造であり、さらにホームの端は急カーブになっているという立地であるためホームの延伸用地が取れず、やむを得ず現在のような史上まれに見る「針のような形のホーム」になってしまいました。
そのホーム延伸も20m車6両で限界となり、以降の増結には隣の業平橋駅に10両編成対応のホームを設置して対処していました。しかし、2003(平成15)年より曳船駅から地下鉄半蔵門線・東急田園都市線への直通が開始され、10両編成の準急・急行などの列車はそちらへ移行し、業平橋駅の10両対応ホームも廃止されました。(この跡地は新東京タワーになるということで話題になりました。)現在浅草駅は短距離の各駅停車、そして長距離の特急列車の発着があるだけというやや中途半端な存在になっています。昨年からは日光方面に向かう特急の一部はJR線経由で新宿発着になり、さらに中途半端な存在になってしまっています。

この東武浅草駅の建物も老朽化が進んでおり、建替えの話も出たり消えたりを繰り返しているようです。建替えるとしても、期間中の電車の運行、さらに狭小な駅設備をどう改良するのかなど問題が多く計画が進んでいないのが現状です。「再開発ブーム」の流れで建て替え・拡張がされるのか、それとも狭小な設備のまま使われ続けるのか気になるところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:駅 の最新記事

南武線西府駅(2009年11月23日作成)
新三郷駅・・・ギネスに載った駅のいま・これから(2008年04月16日作成)
越谷レイクタウン駅(2008年04月07日作成)
東急大井町線九品仏駅の扉締切り(2007年10月11日作成)
海芝浦駅・・・台風の影響が・・・(2007年10月06日作成)
鶴見線国道駅(2007年10月05日作成)
銚子電鉄仲ノ町駅(2007年08月20日作成)
京成博物館動物園駅跡(2007年07月12日作成)
幕張駅中線ホームに入る電車(2007年03月15日作成)
トンネルに突っ込んで停車する田浦駅(2007年03月08日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:向島百花園と梅まつり
古い記事:変わる常磐線>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter