SL/DL南房総号撮影レポート(2)館山駅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。





館山駅へ移動


●乗車列車
159M普通安房鴨川行き 佐貫町11:02→館山12:05(列車時刻表

佐貫町駅に戻りました。ここからさらに南へ進み館山駅へ向かいます。ここでSLの撮影を終えた方は大半が千葉方面へ戻っていきました。やはりこの後走るディーゼル機関車けん引の上り列車はあまり注目度が高くないようです。
ローカル線の駅ですがきちんと行き先まで案内する自動放送が設備されていたのは正直驚きました。特急が停まるということで案内には気を遣っているのかもしれません。ただ、費用をケチったのか一世代前のバージョンという感じで文章に全く抑揚が無く、いかにも「コンピュータで合成しました」という音声であるのはご愛嬌です。
駅名板はJR東日本標準のものですが、屋根も無く長期間風雨に曝されたためか文字が消えかかっており、ひらがなの「さ」と「ぬ」は黒のマジック(??)で上書きしている有り様です。

乗車すると車窓に東京湾やその向こう側にかすむ三浦半島を見ながら館山駅へ向かいます。1時間近く時間があるため、ここの車中で昼食の弁当を食べます。8両編成ですが相変わらず車内は「“南房総号”を撮りに行きます」という感じの方々で満席でした。

「渋川の方がもっと落ち着いて撮れるわ・・・」
さて、定刻通り館山駅に着いたわけですが、降りるお客さんたちはみな改札口への階段へは向かわずホーム先端へと走ります。いやな予感・・・



す、すげぇ・・・(汗)

SLの周囲は朝のラッシュ時の電車内のような「人口密度」です。「黄色い線の内側で撮影をお願いしまーす!!」ホームの端でロープを握っている駅員さんが叫びます。後にいたの鉄道ファンも「渋川(SL/EL奥利根号)の方がもっと落ち着いて撮影できるな」と嘆いていました。でも、みなさんいつまでも同じ場所でとどまるということも無くわりかしスムーズに撮影が出来たのは好感が持てました。



人が多すぎて炭水車まで入れることは出来ませんでした。



パノラマ合成をしてみました。(クリックで拡大・1400*394ピクセル)



ヘッドマークのアップ。


運転席。「ちばDC号」のときとは違い、今度は「佐」つまり佐倉機関区所属(のつもり?)のようです。


ホームの反対端ではディーゼル機関車の連結作業が行われていましたが、こちらは全く人気が無くガラガラの状態でした。ついでに方向幕も撮影。(クリックで拡大)



駅舎へ上がりました。(クリックで拡大)
左上:SLが停車中の1番線ホームを見下ろす。
右上:SL見物「だけ」の人向けに臨時の入場券発売所が・・・
左下:改札内に掲げられていた「歓迎」の看板
右下:改札外にはSLについての展示もありました。

正直ホームから落ちないか心配でしたが、幸い落ちる人は誰もいませんでした・・・やれやれ。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

JR御茶ノ水駅改良工事(2020年3月29日取材)(2020/04/09)
広島県竹原市のマンホール(2020/03/31)
コミックマーケット98中止と今後の対応について(2020/03/28)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2020年1月25日取材)(2020/03/25)
千駄ヶ谷駅改良工事(2020年1~3月取材)(2020/03/20)
品川駅再開発(4) 都営浅草線泉岳寺駅拡張(2020/03/13)
品川駅再開発(3)京急品川駅地平化と北品川駅高架化(2020/03/01)
沼津市のマンホール(2020/02/15)
静岡市のマンホール(2018年版)(2020/02/14)
東京メトロ銀座線渋谷駅新ホーム使用開始 - 渋谷駅再開発2019-2020(3)(2020/02/09)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter