【速報】さようなら東西線5000系車両撮影会&工場見学会

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


(写真の枚数が多く、表示に時間がかかるかもしれません。ご注意ください。)

東京メトロ東西線は来春、信号方式を現在の地上信号式(WS-ATC)から車内信号式(CS-ATC)に更新します。これに関して、昭和41年の東西線開業時から使用されている5000系は新しい信号方式に対応できないため05系・07系に置き換えられ、全車両が引退します。これにちなみ、今日東西線の車両基地で一般公開のイベントが行われました。



昼頃の様子。私が着いたころはここまで列は延びていませんでした。

イベントが行われたのは東京都江東区の深川車両基地です。最寄の駅は東西線の東陽町駅で、そこから車両基地までは側線が延びています。東西線の列車に東陽町止まりのものがあるのをご存知の方も多いと思いますが、これはこの車両基地があるためなのです。
朝は開場予定の10時の10分前位に着きましたが、すでに長蛇の列になっており開場時間を早めて入場が開始されていました。前回の有楽町線10000系の撮影会と同様、入口で氏名や住所を記入した用紙を渡す必要がありました。これはおそらく来場している人の年齢層や地域の統計調査に使うものと思われます。この用紙は事前に駅でも配布されており、私はあらかじめ記入しておいたのでスムーズに入ることが出来ました。(と言っても東陽町駅から会場まで行く途中で書いたのですが・・・)この用紙と引き換えに会場の案内図とスタンプ用紙をもらいました。会場は車両撮影会を行う第1会場と、グッズ販売が中心の第2会場に分かれています。それぞれにスタンプが1つずつ設置してあり、2つとも集めると景品がもらえるとのことでした。(後述)



左上:モーター 右上:連結器 左下:台車 右下:車輪

まずは工場の建物内を通ります。鉄道の工場らしくモーターや台車などの部品類が所狭しと並んでいます。技術屋を目指す人間にとっては撮影会よりもこちらの方がむしろ気になったりしますw



左上:パンタグラフ
右上:クレーンで吊り上げられる05系の車体
下2枚:ミニ電車。ステンレス・アルミの2種類が再現されていて面白い。

さらに奥に進むと車体の修繕を行っている場所に出ます。台車を外された05系の車体が専用の台に載せられています。さらに、そのうちの1両は添乗のクレーンにつながれており、クレーンを使った車体の上げ下ろしの実演を行っていました。さらにこの建物の端では前回の有楽町線撮影会で好評につき続編?として、5000系のミニ電車が運転されていました。両端の先頭車は5000系を精巧に似せたカバーが取り付けられていました。他に、パンタグラフも置かれており、手元のスイッチで上げ下げが出来るようになっていました。



左上:鉄道模型 右上:5000系最終出場の記念品 左下:歴史を物語るポスター 右下:5000系車内の写真

展示物も多数ありました。車体修繕場では鉄道模型の運転をと5000系が最後の検査から出場したときの写真の展示が行われていました。さらに外に出ると、東西線開業時からのポスターの数々が展示されていました。これは入口で配られたスタンプ用紙の裏面(表面?)にも描かれています。さらに、展示車両である5000系アルミ車(90編成)の車内では東西線に関する写真を多数展示していました。



お待たせしました。(前置き長っ!w)
いよいよ撮影会の会場に来ました。左から07系、05系新顔、旧顔、5000系ステンレス車、アルミ車です。有楽町線の撮影会と同様停止位置は若干ずらされているのはなんともご親切ということで(笑)

この後13:30から5000系ステンレス車にヘッドマークを取り付けたようですが、残念ながら学校のテスト前という身でそこまでいるわけにはいかず、今回はパスしました。




左上:1日乗車券を求める列 右上:1日乗車券とスタンプ・その景品 左下:第2会場入口 
右下:越中島貨物線の踏切

一通り撮影を終え、今度は第2会場に向かいます。と思ったら会場限定の1日乗車券を買い求める列が数百メートルも延びていました。その列に並んで30分、無事に1日乗車券を買うことが出来ました。大人用・子ども用で絵柄が異なっています。大人用は8000枚、子ども用は2000枚だったため、子ども用は昼ごろには完売となったようです。また、スタンプも2個押し、景品を頂ました。これは年4回行われている「東京メトロ沿線ウォーキング」で配布されているものだそうで、3種類ある中で手拭いを選びました。そのほかいろいろとグッズも売っていましたが、雑貨や車内掲出の路線図が中心であり、もはや家の中に置くスペースはないため今回は買わずじまいでした。(廃車部品類は近年の金属価格高騰やアスベスト問題のため販売はしないのかもしれません。)

ちなみに、この第2会場の脇には越中島貨物線が通っていてその先にはJRのレールセンター(資材置き場)とJRバス関東の車庫があります。越中島貨物線は途中の小名木川貨物駅・終点の越中島貨物駅ともすでに廃止され、現在はレールを運ぶ列車が不定期で1日数本走っているだけのようです。結局私が見ていた間に列車は通過しませんでした。


配布された資料によると東西線の5000系のうち、アルミ車はイベント終了後まもなく、会場でヘッドマークを取り付けたステンレス車も3月には引退してしまうそうです。ヘッドマークをつけた車両は果たして撮影できるか・・・微妙なところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
<<<新しい記事:木更津駅のD51

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter