横須賀線武蔵小杉駅新設と再開発

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


この記事の内容はここから続いています。途切れ途切れで読み辛いのはお許しください。

▼関連記事
南武線の発車案内板(2007年1月12日)

南武線に乗って次に向かったのが今にわかに注目を浴びている武蔵小杉駅です。武蔵小杉駅はJR南武線と東急東横線・目黒線が交差する駅で、駅の周辺には中原区役所、住宅地、さらに東側を通るJR東海道新幹線・横須賀線を挟んだ反対側にはNECの大規模な工場があります。最近まで工場が広がっていた駅の南側は現在再開発事業が進んでおり商業施設や巨大なマンションが次々と建ち始めています。ここまで大規模に再開発が進むには当然のことながらそれなりの理由があります。

横須賀線・湘南新宿ラインの駅ができます!


武蔵小杉駅南武線ホームの川崎寄り。奥の高架を横須賀線の電車が走る。ここから連絡通路が出来る。

前述の通り武蔵小杉駅の東側にはJR横須賀線が通っています。東京方面から横須賀線に乗ると多摩川を渡った直後に東急東横線の武蔵小杉駅(高架)がよく見えます。(特に夜間は電灯があるのでなおさら目立ちます。この場所は横須賀線の西大井駅から6km、新川崎駅から3kmの距離がありますが、路線自体がもともと貨物線として作られた経緯もあって武蔵小杉に駅は設置されていませんでした。


(写真:建設中のマンションの柵に描かれていたPR。)しかし、ご承知の通り最近この路線は湘南新宿ラインの一部に組み込まれ、神奈川県~東京都を結ぶ大動脈へと変身しました。ここでJRは川崎市の働きかけもあって、横須賀線側にも武蔵小杉駅を設置することを決めました。計画では横須賀線にホームを新設し、南武線のホームの川崎寄りと全長約300mの連絡通路で接続し、南武線・横須賀線・東急線相互で乗換えを可能にするというもので2009年度の完成を予定しています。(これに関連してか横須賀線の東側にあるNECの工場敷地内では、新たに建設する駅施設に被ると思しき建物の撤去工事が進んでいます。)横須賀線武蔵小杉駅の新設により、川崎市内から東京方面へのアクセスは現在のように川崎駅まで出る必要が無くなりアクセスが飛躍的に向上することになります。
数年前に東急の武蔵小杉駅には目黒線が乗り入れはじめ、3年後にはJR横須賀線の武蔵小杉駅が出来る・・・
こういう理由もあって武蔵小杉駅前には数千戸規模の高層マンションが次々と建設されているわけです。再開発地内には廃墟になって解体されるのを待っている建物もまだ残っておりしばらく変化は続きそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:横須賀線武蔵小杉駅新設 の最新記事

横須賀線武蔵小杉駅(2011年8月17日取材)(2011年09月03日作成)
横須賀線武蔵小杉駅(2011年1月9日取材)(2011年02月14日作成)
横須賀線武蔵小杉駅(2010年4月3日取材)(2010年05月31日作成)
横須賀線武蔵小杉駅新設工事(2009年11月24日取材)(2010年01月10日作成)
横須賀線武蔵小杉駅新設と再開発(2007年01月18日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter