南武線の発車案内板

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2007年01月12日00:22
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


お知らせと言っては難ですが、12月末に私の自転車が前後輪ともパンクさせられる被害に遭いまして、いまだに修理しておらず地元はどこも周れない状況です。田園都市線の複々線化について取材したのは1月2日、もう1週間以上も引っ張っております(爆)今週末はまたどこかにネタ集めに行くつもりなのでまあお楽しみに。

というわけで2日のネタはまだ続きます。武蔵溝ノ口駅からJR南武線で武蔵小杉へと行きました。南武線は首都圏のご多聞にもれず去年春に運行管理システム“ATOS”(東京圏輸送管理システム)が導入されており、ホームにはLED表示の発車案内と行き先や「○○~、ご乗車ありがとうございます・・・」と到着・乗換え案内もする自動放送が導入されています。



しかし、他の路線と決定的に違うのは列車の接近状況を案内するというところです。武蔵溝ノ口駅の場合、列車の到着5分前になりますと「・・・今度の1番線の電車は、○時□分発△△行きです。」という放送が入るとともに、発車案内の2行目に列車の接近状況を示す絵が現れます。同様の例は東京メトロの「当駅  前駅  前々駅」などでも見られますが、JRの場合はこれが最初の事例となります。ATOSには線区を問わず列車がどこにいるのかを検知する機能が備わっており、山手線の恵比寿駅では液晶ディスプレイを用いた接近案内を試行しているそうです。

あと何分で電車が来るのかとホームでイライラしながら待つ時代も昔の話になってきているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  南武線  ATOS

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter