ICカード乗車券“PASMO”詳細決定

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


写真:PASMOのリーダ・ライタが設置された私鉄の自動改札機。(京成江戸川駅、2006年6月10日撮影)

ちょうど1年前「そういうサービスが始まる」という形でお伝えしたICカード乗車券“PASMO(パスモ)”ですが、いよいよその導入の詳細が発表されました。以下株式会社パスモのプレスリリースを参考にまとめてみたいと思います。(関連リンクは一番下にまとめました。)

サービス概要
新しいICカード乗車券PASMOは2007年3月18日より使用できるようになります。
これまで首都圏において私鉄・地下鉄では「パスネット」、路線バスでは「バス共通カード」と呼ばれていた磁気式カードを利用したストアードフェアシステム(SF)を統合かつさらに高次元化し、非接触のICカードを用いた乗車券システムを提供するものです。カード自体はJR東(Suica)・JR西(ICOCA)や関西私鉄(PitaPa)で導入されているSONY製のFeliCaをベースとしたもので、まずはJR東日本のSuicaと相互利用が行われる予定です。これにより、将来的に首都圏では鉄道各社および路線バスが1枚のカード乗車券で乗り降りできるようになります。ただし、機器の更新が間に合わないのか2007年3月時点では鉄道会社は26業者中3業者、バス会社は75業者中44業者(約半数)が未導入となります。(導入事業者・時期については最下段の株式会社パスモのプレスリリースをご覧ください。)

乗車券として使う
相互利用が可能となるJR東日本のSuicaとほぼ同様のサービスで、鉄道では改札を通る際に、バスでは乗車もしくは降車の際にそれぞれ改札機(バスでは料金箱・読み取り機)にタッチすることで自動的に運賃を差し引きます。PASMOでは現行のSuicaと同じく定期券カード・通常の乗車券カード(大人用のみ)の他、記名式カード(大人用・子ども用)登場します。この記名式カードは紛失時に残額を保障するもので、記名人しか使用できません。子ども用カードはJR西日本のICOCAなどで実績のあるもので、不正防止のため記名式のみとなります。(中学生になった時点で使用できなくなります。)さらに、記名式カードの場合は会員登録をするとインターネット経由で3か月分の使用履歴を参照することができます。また、PASMOでの記名式カード登場にあわせ、JR東日本のSuicaでも「MySuica」として記名式カードが登場する予定です。
また、Suicaと同様クレジットカードを利用したオートチャージサービスも開始します。これは駅の改札入場時に残額が2,000円以下の場合、クレジットカードから3,000円を自動的に引き落としてチャージするものです。これにあわせ、鉄道各社が運営するクレジットカードのサービスも開始するようです。

バス共通カードのプレミアは?
現在の「バス共通カード」には利用可能な金額が、カード自体の価格にいくらか上乗せされています。(例:3,000円のカードの場合3,360円分利用可能。)ではPASMOに移行した後、このサービスがどうなるのでしょうか?
答えは「ポイント制」でした。これは路線バス各社が独自の基準で「バスポイント」を定め、乗車時にこれをカードに与え、1,000ポイントが累積するごとに「特典バスチケット」としてチャージに還元され、次回のバス利用時に運賃として使用されます。(ただし運賃として使用できるのはこのサービスを行っているバスのみ。)還元率は以下の通り。
●累積が1,000~4,000ポイント:1,000ポイント累積毎に100円還元
◎累積が5,000ポイント:450円還元
○累積が6,000~1,0000ポイント:1,000ポイント累積毎に170円還元
5,000ポイント以降は還元率がアップします。つまり「乗れば乗るほどおトク」というわけです。

駅ナカ・街ナカでも
こちらもSuicaと同様、リーダ・ライタを設置しているコンビニや飲食店などでチャージを用いて代金の支払いをすることができます。Suica・PASMOの区別は無く、どちらかのカードを持っていれば対応するどの店でも利用できます。

その他
これらの収支管理は株式会社パスモが一括して行い、利用実績に応じて各社に配分する方式になります。

現行の磁気式カードは…
JR東日本ではSuicaの導入からしばらくして磁気式イオカードのサービスが終了しました。PASMOにおいても時期は未定ながら同様の取り扱いが行われる予定です。これにより、自動改札機などの可動部分の保守低減が期待されます。



<「オートチャージ」対応クレジットカードの例>
東京メトロ 「Tokyo Metro To Me Card」
京成電鉄 「京成カード」

▼関連記事
パスネット+バスカード=PASMO(2005年12月23日)
PASMO対応料金箱のバス(2006年9月9日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  PASMO  Suica  ICカード  鉄道  路線バス  JR

カテゴリ:新技術・新サービス の最新記事

東京メトロ・都営地下鉄の乗継サービス向上(2013年06月28日作成)
増えています、指向性スピーカー(2010年02月12日作成)
東京駅「発電床」(2008年02月17日作成)
鉄道各社でつり革交換進行中(2007年12月12日作成)
ICカード乗車券“PASMO”詳細決定(2006年12月25日作成)
LED表示のしくみ(2006年11月27日作成)
グリーン車Suicaシステム(2006年04月02日作成)
グリーン車Suicaシステム、着々(2006年02月21日作成)
Suica対応自販機(2006年02月21日作成)
モバイルSuica、厳しい出だし(2006年02月19日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter