京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その3・終

再開発が続く千葉貨物ターミナル駅跡地。撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/1250秒 絞り:F4.5 感度:オート)

これまで2回お送りしてきた京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場の続きです。最終回の今回は2008年現在の千葉貨物ターミナル駅跡地の状況についてのレポートです。

▼関連記事
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その1
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その2

■8割以上が売却済み
千葉貨物ターミナル駅は2000(平成12)年4月の廃止直後から再開発コンペが行われ、その年の冬から早速再開発が始まりました。その後も跡地の売却は順調に進み、今年夏現在では跡地の8割以上が売却済みとなっています。以下、現在の状況を千葉みなと駅側(南側)から順に写真でご紹介します。(構内の配線については冒頭の関連記事の「その1」をご覧下さい。)

●千葉みなと駅寄りの引上げ線
撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:7mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/800秒 絞り:F4 感度:オート) 撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:35mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/250秒 絞り:F4.8 感度:オート) トリミング
左:駐車場として利用されている線路跡
右:駐車場内に現在も残る信号機
※2枚ともクリックで拡大


千葉みなと駅側には京葉線の本線の高架橋に沿って引上げ線(機回し線?)がありました。この部分は現在すべて駐車場として利用されています。高架橋の脇には現在も信号機(もちろん電源は切れている)が数本残されており、ここにかつて線路があったことを示しています。

●食品線分岐部
撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/800秒 絞り:F4 感度:オート) 撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/640秒 絞り:F4 感度:オート)
左:食品南線の踏切跡。舗装は中途半端に補修を繰り返しているらしくガタガタだ。
右:食品北線の踏切跡。正面の「千葉県ナースセンター」の駐車場も廃線跡で、不自然にカーブしている。
※2枚ともクリックで拡大


2本延びていた食品線は千葉貨物ターミナル駅を出るところで公道と交差します。この踏切は食品線が廃線になった直後に撤去されましたが、現在も踏切があった部分は舗装がほかと違っているほか、周囲から見ると盛り上がっており、事情を知っている者には「ここに踏切があった」ということが判る状態になっています。(この道路は交通量が多いので徒歩や自転車で通行する際は十分ご注意ください。)

2000年4月撮影 データ不明(プリント写真をスキャナで取り込み) 撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:7mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/400秒 絞り:F4 感度:オート)
左:上の踏切の背後。カーブしながら奥へ消えていく柵が食品北線の廃線跡。2000年4月頃撮影。
右:同じ場所の現在の様子。工場の拡張用地に充てられ、廃線跡は消滅した。
※2枚ともクリックで拡大


一方、踏切から先の廃線跡ですが、ほとんどは廃線とともに工場の拡張用地に充てられたため、痕跡は全くと言ってよいほど残っていません。(商売敵であったトラックの発着場に転用されている部分があるのはなんとも皮肉といえよう。)また、食品線敷設にあたって一部が切断されて廃道となった道路は、隣接してマンションが建設されたため「復活」しています。

●貨物駅本体
撮影日:2008年9月11日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/400秒 絞り:F2.8 感度:オート)
陸橋から千葉みなと駅方面を見る。103系に代わりに入った201系だが、早くも引退の噂が聞こえ始めた。

新港陸橋から南側の跡地は大型の倉庫が1棟建つほかは駐車場として利用されています。この部分は周囲の道路からのアクセスが悪いため跡地利用の計画がまとまっていないようで、現在も照明塔やレールが雑草に埋もれた形で残っています。ただ、照明塔に関しては海が近い立地もあってサビが進行しており、地震による倒壊の危険性などを考えるとそう遠くないうちの撤去が予想されます。

撮影日:2008年9月11日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/400秒 絞り:F2.8 感度:オート)
陸橋から東京方面を見る。山手線から転属してきた「田の字窓」の205系が通過。

一方陸橋から北側の跡地は南側から健康診断などを専門としている「ちば県民保健予防財団」、幅数十メートルの空き地を挟んで建設中の「大和ハウス千葉センター」、3月に新宿町から移転してきた「ちばシティバス新港車庫」、ディスカウントストア「Mr.Max」、スーパーの「ベルクス」、ショッピングモールの「ミハマニューポートリゾート」と続いています。(リンクは各施設のWebページに飛びます。)

撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/1000秒 絞り:F4 感度:オート) 撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/800秒 絞り:F4 感度:オート)
左:ちばシティバス車庫。ちなみに新宿町の旧車庫では早くもマンションの建設が始まっている。
右:手前から「Mr.Max」、「ベルクス」、「ミハマニューポートリゾート」の各店舗と続く。
※2枚ともクリックで拡大


この中で一番最初に出来上がったのが北側の「ミハマニューポートリゾート」です。この施設ができた2002(平成14)年当時は隣接して貨物駅の詰所(工事事務所に利用?)や照明塔が残存していました。その後、2005(平成17)年頃になってこれらを撤去し、跡地に「ベルクス」「Mr,Max」が進出するという流れをたどっています。「ミハマニューポートリゾート」はオープン当初そのアクセスの悪さや中途半端なテナント構成により非常に苦しい経営を強いられ、テナントがめまぐるしく入れ替わる状況でしたが、隣接して「ベルクス」「Mr.Max」ができてからは1日を通して滞在できるようになり、当初のような閑散ぶりではなくなっています。(ただし、周辺にはガーデンウォーク幕張やアリオ蘇我といった競合する施設が多数あるため、抜本的な経営状況の改善とはなっていない模様。)

現在わずかに残る空地も「売地」の看板が掲げられており、今後数年で貨物駅の痕跡は完全に姿を消すものと思われます。

●ふ頭線(未成線)の用地?
(C)国土交通省 JTrimで加工 撮影日:2008年9月6日 カメラ:CanonPowerShotA700 焦点距離:6mm 露出モード:オート(シャッター速度:1/320秒 絞り:F4 感度:オート)
左:貨物駅北端の航空写真。空地がカーブしながら工業地帯へ消えていく。
右:航空写真の「」の地点。現在も荒地のまま残る。
※左写真は(C)国土交通省 国土情報ウェブマッピングシステムカラー空中写真データ(昭和58年)に筆者が加筆
※2枚ともクリックで拡大


このほか、千葉貨物ターミナル駅北端から工業地帯へ向けて不自然なカーブを描く空地が延びています。これについては「その1」の記事で参考文献とした「京葉臨海鉄道二十年史」に「新港線」「ふ頭線」なる未成線が存在したことが記されており、この空地はその線路敷として確保した用地の名残であると考えられます。

■おわりに
この千葉貨物ターミナル駅は地元の「廃線跡」でありながら、その近さゆえ最近はほとんど見に行くことがなくなっていました。しかし、ここ1年ほどで急速に再開発が進み、この貨物駅が完全に姿を消すことが時間の問題となったため、Web上にレポートを作成しようと考えました。信号場の施設工事は当時「この写真がなんの役に立つのか?」「フイルム代の無駄では?」と疑問に思いつつ撮っていたのですが、後年このように思わぬ形で役に立つことになり「記録すること」の大切さを思い知らされた限りです。
今後、貨物駅の痕跡は消えてしまうものと思われますが、このレポートをご覧頂き在りし日の千葉貨物ターミナル駅について思いを馳せていただければ幸いです。

▼参考
忘却の彼方 その1 千葉貨物ターミナル編 袖ヶ浦55た・797のページ/ウェブリブログ
忘却の彼方 その1続編 千葉貨物ターミナル編 袖ヶ浦55た・797のページ/ウェブリブログ
よっちんのデジもの: 今日も彷徨いました(貨物線跡?)

(終) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:廃線跡・未成線 の最新記事

東横フラワー緑道(東急東横線廃線跡)(2012年05月27日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その3・終(2008年09月17日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その2(2008年09月12日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その1(2008年09月08日作成)
中央線の支線跡2・・・境浄水場引込み線廃線跡(2007年11月15日作成)
中央線の支線跡1・・・武蔵野競技場線廃線跡(2007年11月14日作成)
西千葉公園と総武線黒砂信号場(2007年04月15日作成)
アプトの道(旧碓氷線遊歩道)(2006年09月08日作成)
鉄道連隊の跡を辿る―5、最終回・津田沼へ(2006年02月04日作成)
鉄道連隊の跡を辿る―4、京成線と交差・習志野市へ(2006年02月03日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:城ヶ島めぐり(2008年9月13日)
古い記事:城ヶ島@携帯>>>

Facebookのコメント

コメント


ふ頭線(未成線)の用地?
はうっすらとコンクリートがだいぶ遠くまで流されているのですが、途中で道路にぶつかっているのでその後のことは分かりませんね・・

そして現在、道路へぶつかるまで駐車場になっています。
2012/04/09 20:24 | URL | 投稿者:201204041404
Re: タイトルなし
201204041404様

ふ頭線の用地と思われる空き地ですが、ご指摘のとおりここ数年別用途への転用が相次いでおり、次第にその痕跡をたどることが難しくなりつつあります。また、千葉貨物ターミナル駅本体の跡地も千葉みなと駅側にわずかに残っていた空き地に建物が建ってしまっており、この記事を作成した当時に残っていた照明塔も無くなってしまっています。

※投稿時に名前が入力されていなかったため勝手ながら投稿日付・日時を名前として入力させていただきました。ご了承ください。

2012/04/09 20:29 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
新港線
>「新港線」「ふ頭線」なる未成線が存在した

ふ頭線については「その1」と「その3」でレポートされてますが
新港線は無いので探してみましたら
千葉みなと駅の蘇我より、中央港地区に未成線らしいカーブが3つ有りました。

・千葉県薬剤師会検査センター裏
・千葉県千葉港湾事務所の角
・千葉港港運会館の角(道路もカーブしている)

もし、これが新港線であるとしたら名称が気になります。
千葉貨物ターミナルとふ頭線が有る地名が新港ですが
品川駅が品川区に無いのと同じで新港線が新港地区に無いこともあるのかなと。
で、千葉県のHPで千葉港の公共ふ頭を調べると、
中央港地区と出洲地区と記載が有ります。新港地区は専用ふ頭のようです。
もし「ふ頭線」と「新港線」の名称を入れ換えるとすっきりする気がします。

お忙しいと存じますがご確認頂けたら幸いです。

2012/09/08 14:29 | URL | 投稿者:マンボウ [編集]
Re: 新港線
マンボウ様

> 千葉みなと駅の蘇我より、中央港地区に未成線らしいカーブが3つ有りました。

> ・千葉県薬剤師会検査センター裏
> ・千葉県千葉港湾事務所の角
> ・千葉港港運会館の角(道路もカーブしている)

地図や航空写真を確認したところ、確かに鉄道の予定地と思しき緩いカーブがありました。古い航空写真も合わせて確認したところ、これは埋め立て造成当時から存在するもののようです。また、資料等の確認は行っていないのですが、手身近なところで京葉線の高架下を見たところ、所有者が何故か「京葉臨海鉄道」となっており(他の場所はJR東日本の関連会社である「ジェイアール東日本企画」や「千葉鉄道サービス」であることが多い)、将来の専用線敷設に向けて用地を確保した名残であるとも考えられます。

ちなみに、現在の千葉貨物ターミナル駅はわずかに残っていた空地の売却が完了し、跡地の全てで建物が建設されています。今後は京葉臨海鉄道の社史に加えて行政資料の調査も行い、「補遺」という形で新しい記事を作成できればと考えております。
2012/10/03 18:57 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter