千葉ポートタワー「スカイオープンデッキ」

カテゴリ:公共施設展望台・タワー | 公開日:2006年12月21日16:22
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


「千葉ポートタワークリスマスファンタジー2006」ということで夜はタワー全体がクリスマスツリーになっている千葉ポートタワーですが、それ以外にもいくつかイベントが行われています。その1つが今回ご紹介する「スカイオープンデッキ(屋上展望台)」の特別公開です。

125mの見晴らし
千葉ポートタワーで通常公開されているのは4階展望室(屋内)までですが、さらにそこから階段が上階に延びており、屋上へと登ることができるようになっています。クリスマスイベントという機会に加え、冬になり夏の夕立のような落雷などの危険もなく、空気も澄んでいて遠くまで見渡せる時期ということで今回屋上展望台の公開となったようです。

●「スカイオープンデッキ」公開日時
12月23(土・祝)・24(日)・25(月) 15:00~20:00



4階展望室から非常階段のような急で狭い階段を何十段か登ると、扉(写真左上)があってそこから屋上展望台に出られるようになっています。
扉を出てまずは左に行くと壁がガラス張りになっている場所がありその中には巨大な制振装置があります。(写真右上)この装置全体が水平方向に移動することで地震や風による揺れと干渉する逆周期の揺れを作り出してタワーが破壊しないようにするものです。そばに立っていた係員の方の話では「地震のときは最大1mほど動く」ということです。(確か新潟中越地震のときはその長周期の揺れでこれが壊れて長期休館になりましたよね。)
そして今度は展望台の上がってみます。(写真左下)三角形をした建物でもともと余り床面積の無いことに加え、いくつも観測装置や避雷針(写真右下)が立っていること、背の高いフェンスで囲われていることから結構狭く感じます。また、125mという高度であり、かなり風が強いです。行かれる際はしっかりと防寒対策をしていった方がいいと思います。ただし、帽子は飛ばされてしまう可能性があるので十分ご注意を。



フェンスの隙間からカメラを差し出して千葉市街方向の景色を撮ってみました。反対方向には天気がよければ沈んでいく夕日やそこに重なる富士山のシルエットを見ることができます。なお、三脚は展望台の構造上(広さ・柵の位置等々)の関係で使用不可能ですので、がんばって手持ちで撮ってください(笑)。


この「スカイオープンデッキ」は雨や強風の際は安全確保のため当然ながら中止になります。しかし、心配無用。4~2階の展望台からも十分美しい景色を眺めることができます。また、3階には景色を眺めながら休憩できる喫茶店もあります。雨だからといってあきらめる必要は全くありません!この機会にぜひ千葉ポートタワーにお越しください。千葉市民として(!?)おすすめいたします!(どうやら残る公開日3日間は天気がいいという予報ですね。)






▼関連記事
千葉ポートタワー・クリスマスイルミネーション(2006年11月22日)
→電飾でクリスマスツリーになったタワーの様子
千葉ポートタワー(2006年5月2日)
→昼の様子
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:展望台・タワー の最新記事

文京シビックセンター25階展望ラウンジ(2013年06月22日作成)
まもなくオープン!東京スカイツリー(2010~2011年取材まとめ)(2012年01月04日作成)
東京スカイツリー(2010年2月6日取材)(2010年03月31日作成)
北とぴあ17F展望室(2008年04月14日作成)
三軒茶屋キャロットタワー展望ロビー(2008年03月22日作成)
世界貿易センタービル(浜松町)(2008年03月19日作成)
千葉ポートタワー「スカイオープンデッキ」(2006年12月21日作成)
犬吠駅と地球の丸く見える丘展望館(2006年08月24日作成)
千葉ポートタワー(2006年05月02日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter