201系「四季彩」

カテゴリ:鉄道:JRの車両中央線 | 公開日:2006年12月09日14:41
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


御嶽駅からの帰りに乗ったのがこの201系展望電車「四季彩」です。元は中央線の予備車として配備されていた車両を、青梅線のオール201系化に前後して座席配置等を改造して観光向け車両としたものです。主に休日の青梅線内(青梅~奥多摩)の普通列車のほか、臨時列車として南武線や中央線の西部にも乗り入れることがあります。

外観・室内


当初は4両編成全車でで下地の色も違っていましたが、現在は白を基調に各車両で違う花や木々を描くようになっています。内容は以下の通り。

↑立川
1号車(クハ201-134):春(桜の花)→写真左上
2号車(モハ201-263):夏(レンゲショウマと奥多摩の緑の山々 ※注)→写真右上
3号車(モハ200-263):秋(モミジの葉と紅葉した奥多摩の山々)→写真左下
4号車(クハ200-134):冬(雪と柚子)→写真右下
↓奥多摩

※注:2号車の花は当初ヒマワリだった。



室内は多摩川に面した側の窓と座席が改造されています。立川方3両がクロスシート+ロングシート、奥多摩方1両がジャンプシート(折りたたみ式の座席)+ロングシートとなっています。いずれも多摩川側の座席は若干室内中央に寄っていて窓際には荷物棚が設けられており、登山に必要な大きな荷物の収納に便利なよう配慮されています。

写真左:奥多摩方1両の車内。
写真右:立川方3両の車内。クロスシートは柄は違うが房総113系リニューアル車と同等品と思われる。

青梅からは中央線直通の快速に乗ってそのまま東京まで帰りました。本当は御茶ノ水で総武線に乗り換えるつもりだったのですが、爆睡していて気づいたら神田を過ぎていましたorz
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  青梅線  201系  四季彩

カテゴリ:中央線 の最新記事

中央線E233系(2007年01月20日作成)
黎明期の中央線(2006年12月30日作成)
201系「四季彩」(2006年12月09日作成)
青梅線201系(青梅より先で撮影)(2006年12月06日作成)
中央線201系(2006年12月05日作成)
青梅・五日市線201系(2006年11月20日作成)
甲府駅にて(2006年09月23日作成)
中央線に3時間乗って・・・(2006年09月22日作成)
東京駅中央線ホームより(2006年09月12日作成)
御茶ノ水駅にて(2006年07月20日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:京成←→新京成直通前夜
古い記事:御嶽駅>>>

最新記事

山ノ内町のマンホール(2019/05/08)
都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2019年1月25日取材)(2019/03/14)
京急大師線地下化工事(2019年2月26日取材)(2019/03/03)
京成博物館動物園駅跡、開く。(2019/02/08)
2019年のご挨拶(2019/01/31)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】2/1(金)より東急新玉川線(下)の書店委託販売を開始します。。詳しくは→こちら(2019,01,30)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter