LED表示のしくみ

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


最近、さまざまな場所で発光ダイオード(Light Emitting Diode=LED)がよく利用されています。従来の電球などに比べてはるかに消費電力が少なく、かつ寿命が長いことから、稼働時間が長く、高い信頼性が要求される信号機などによく採用されています。さらにLED自体が小さいことを利用して複数個組み合わせることで鉄道車両や駅の電光掲示板など文字を表示するものにも利用されています。


複数の色を表示する方法
LEDはp型とn型の2つの半導体を接合したもので、電圧をかけるとp型の正孔とn型の電子が移動し・・・

わかりませんね。私も化学の授業で何回かやりましたが、理解するのはかなり難しかったです。

要は「LEDは2種類の半導体素子を貼りあわせてプラスチックの粒の中に押し込んであって、それに電気を通すと発光する」というものであるわけです。



東京駅停車中のE217系の車内にあるLED表示機を拡大したところ。左が初期車、右が後期車です。後期車のほうはコスト低減?のためかLEDの濁りがなくなって、赤と緑が同時点灯しているのがはっきりわかります。

LEDの電光掲示板は1つの粒(ドット)に複数の色を表示することで文字を表示しています。発光する色は使う半導体素子の材質によって違うためこの場合は複数の素子を1粒の中に組み込んでいます。かつては赤・緑の2種類の素子しかなく、これを使った赤・緑・黄(赤+緑)の表示しか出来ませんでした。しかし、ご存知の通り最近は青の素子が開発され、RGB(赤・緑・青)の光の三原色が揃ったことで、案内表示機を中心にフルカラーの表示も多用されるようになりました。

▼参考
ナノエレクトロニクス.jp LED(リンク切れ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  発光ダイオード  LED  鉄道

カテゴリ:新技術・新サービス の最新記事

東京メトロ・都営地下鉄の乗継サービス向上(2013年06月28日作成)
増えています、指向性スピーカー(2010年02月12日作成)
東京駅「発電床」(2008年02月17日作成)
鉄道各社でつり革交換進行中(2007年12月12日作成)
ICカード乗車券“PASMO”詳細決定(2006年12月25日作成)
LED表示のしくみ(2006年11月27日作成)
グリーン車Suicaシステム(2006年04月02日作成)
グリーン車Suicaシステム、着々(2006年02月21日作成)
Suica対応自販機(2006年02月21日作成)
モバイルSuica、厳しい出だし(2006年02月19日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:六義園ライトアップ
古い記事:京成3200形片開きドア車>>>

最新記事

JR御茶ノ水駅改良工事(2020年3月29日取材)(2020/04/09)
広島県竹原市のマンホール(2020/03/31)
コミックマーケット98中止と今後の対応について(2020/03/28)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2020年1月25日取材)(2020/03/25)
千駄ヶ谷駅改良工事(2020年1~3月取材)(2020/03/20)
品川駅再開発(4) 都営浅草線泉岳寺駅拡張(2020/03/13)
品川駅再開発(3)京急品川駅地平化と北品川駅高架化(2020/03/01)
沼津市のマンホール(2020/02/15)
静岡市のマンホール(2018年版)(2020/02/14)
東京メトロ銀座線渋谷駅新ホーム使用開始 - 渋谷駅再開発2019-2020(3)(2020/02/09)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter