幕張にある総武緩行線最後の踏切

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年11月02日00:01
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


方向表示は「JR」「京成」の2個が並んでいる。

幕張昆陽地下道により、懸案であった幕張駅付近の大きな県道の踏切は廃止されましたが、さらに北側に行くと歩行者専用の踏切が残っています。「花立踏切」という名のこの踏切も幕張駅付近と同様地下化されて廃止されることになっており、現在鋭意工事が進められています。近い将来実現するこの踏切の廃止により、中央・総武緩行線(千葉~三鷹)、ならびに総武快速線(東京~千葉)から踏切がすべて消滅することになります。

仮設踏切に移動して掘削中


(クリックで拡大可)
左上:海側の旧踏切跡。奥のトンネル内でも掘削作業が行われている。擁壁に打ち込まれたアンカーが目立つ。
右上:山側は旧踏切と仮設踏切が隣接している。
左下:線路の外側でも掘削が最盛期。
右下:工事が行われている場所と仮設踏切の位置関係。

この踏切は京成千葉線、総武緩行線、総武快速線のそれぞれ上下線(計6線)と幕張車両センターへの通路線1線を渡る物で、中央部は高架(盛土)の幕張車両センターの下をくぐる形になっています。幕張駅付近の廃止された踏切と同様「開かずの踏切」と化しており、地下化によって立体交差化されます。以前は幕張車両センターの下はトンネルでくぐっていましたが、工事の進捗に伴い掘削に支障することからやや南側に新設した仮設の踏切に移動しています。仮設の踏切は途中の通路が幕張車両センターの高架と線路の間にあって十分な幅が確保できなかったことから、歩行者専用になっています。使われなくなった旧踏切の跡は地下の掘削作業が行われています。高くなっている幕張車両センターの擁壁は地下の掘削に伴う壁自体の傾斜や沈下を防ぐためか、巨大なアンカーが数十本打ち込まれています。線路の前後の道路でも掘削が行われており、工事は今が最盛期と言ったところでしょうか。


おまけ:ガードレールだけで仕切られた線路


踏切付近は海側の京成千葉線の線路と外側の道路が今の時代では珍しくガードレールだけで仕切られています。線路自体もかなり道路に近く、自分のすぐ脇を電車が高速で通過していくと言う感じです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  京成  幕張  花立踏切  工事

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter