幕張昆陽地下道

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年10月31日23:19
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


花見川サイクリングロードからちょっと外れてJR幕張駅周辺を周ってみます。まずはJR幕張駅の北側にある「幕張昆陽地下道」をご紹介します。

開かずの踏切解消


通過中の「成田エクスプレス」と線路をくぐる地下道。遠くの高層ビル群が幕張新都心。

この地下道はJR総武線の下を県道57号美浜長作町線がアンダーパスする位置します。2004年までは県道が踏切で線路を横断する形になっており、当時は京成千葉線2線+JR総武線8線(幕張車両センターへの連絡線を含む)の線路を横断する形になっていて、長時間遮断器が下りたままの「開かずの踏切」と化していました。この道路は京葉道路の武石ICから幕張新都心を結ぶ重要幹線であり、「開かずの踏切」による交通渋滞や事故発生の可能性を排除するべくこの地下道が建設されました。「昆陽」の名は地下道の真上に建つ昆陽神社にちなんだものです。



線路の西(海)側に建つ「秋葉神社」と「昆陽神社」。この直下を地下道路が走っている。

「昆陽神社」は江戸時代の儒学者・蘭学者である「青木昆陽」を祀った神社です。青木昆陽は当地で甘藷(かんしょ:さつまいも)の試作に成功し、その成果で多くの人々を飢餓から救ったと言われています。その業績をたたえ、昆陽は「芋神」としてこの神社に祀られています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

西武新宿線中井~野方間地下化工事(2018年6月16日取材)(2018/08/27)
東京メトロ銀座線渋谷駅移設 - 渋谷駅再開発2018(2)(2018/05/11)
渋谷駅再開発事業の概要 - 渋谷駅再開発2018(1)(2018/05/05)
首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[2]世田谷代田駅)(2018/02/24)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】完売していた書泉グランデ・ブックタワー様での販売を再開しました。また、新たに自家通販も開始しました。詳しくは→こちら(2018,08,20)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter