【速報】ちばモノレール祭り2006・・・その2

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



つづきです。今度は車両基地奥側の検修庫・車両留置線に入ってみます。線路は用地を節約するためか2階建て構造になっており、1階に停車中の車両底面と地面は数十cmの間隔しか開いていません。線路が多方向に分岐しているため、ポイントが数多く設置されています。

2階建て構造


まず目に入ってきたのは洗車中の車両。走行桁の両側に車両を洗浄する回転ブラシがついている。ちなみに、整理券をもらえば乗れたようでしたが、時間が無かったので(この後東京のほうに用があったので)今回はパスしました。



検修庫の中。
左上:検査中の車両。
右上:運転台も見ることができた。
左下:クーラー。車体と走行桁の狭いスペースに収まるようかなり小型になっている。三菱電機製。
右下:ピットの上から見た連結面の上部。ホームからはほとんど見えない部分。



走り装置も間近で観察できた。
左上:台車全体。大きな走行用のタイヤが目立つ。
右上:タイヤを外したハブだけの状態。よく見るとタイヤのパンクに備えてか下にローラー?がついている。
左下:モーターの内部。直流モーターだ。車両の仕様書によれば出力65kW。
右下:パンタグラフ。走行桁の上部にある剛体架線と接触しながら走行する。



さらに検修庫の裏側に回ると2編成の車両が停まっていました。非常用具展示としてその間は貫通扉が開けられ、非常用のわたり板が掛けられており、このように車両内外から観察することができました。
余談ですが、ここでつながっていた編成の車体ラッピングは片方が「ちはなちゃん(「花の都ちば」のキャラクター)」、もう片方は千葉市動物公園のレッサーパンダ「風太くん」です。なかなかやってくれますなぁ・・・

地元でありながら私はあまりモノレールに乗ったことがありませんでした。というのも運賃が高く、さらに近場は自転車で周ってしまうため乗る機会が無かったのです。そういうこともあり、今回はモノレールを詳しく見ることができたよい機会となりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  千葉都市モノレール

最新記事

東京メトロ東西線南砂町駅改良工事(2019年6月8日取材)(2019/07/24)
寄居町のマンホール(2019/07/21)
新京成新鎌ヶ谷駅周辺の高架化(2019年4月9日取材)(2019/07/11)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2019年3月29日取材)(2019/07/03)
山ノ内町のマンホール(2019/05/08)
都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。なお、COMIC ZIN新宿店は6/3(月)をもちまして閉店となりましたのでご注意ください。詳しくは→こちら(2019,06,04)
お問い合わせページに注意事項を追加しました。ご利用の際はご一読をお願いいたします。(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter