秩父鉄道(写真は失敗です・・・)

5月6日(火)の続きです。午前中に羊山公園の芝桜を見た後は寄居まで移動しながら秩父鉄道の撮影を行いました。午前中に撮影した分も合わせて載せたいと思います。

■中古車両の宝庫
秩父鉄道は埼玉県東部の羽生から熊谷、寄居、秩父を経由して県西部の三峰口まで向かう全長71.7kmの私鉄です。羽生駅で東武伊勢崎線、熊谷駅でJR高崎線、寄居駅で東武東上線、御花畑駅で西武秩父線とそれぞれ線路がつながっていますが、現在営業列車の直通を行っているのは西武のみです。(かつてはJR・東武とも直通があったが、ATSの不一致や営業上の問題から現在はJRとは貨物列車のみの直通、東武については車両の搬出入以外での直通は行われていない。)
この他、運行上の特徴としては沿線にある武甲山から産出する石灰石を運ぶ貨物列車が多数運行されていること、ほとんどの駅が行き違い可能となっており、この点を生かして急行運転が行われていることが挙げられます。急行には「秩父路」の列車名が与えられ、クロスシートを持つ専用車両が用いられており、乗車には整理券が必要となっています。また、そのほかのこの急行列車を含むほとんどの列車で合理化のためワンマン運転が行われています。ただし、線内全ての駅が有人駅(直営ではない)となっており、最近の鉄道では珍しい硬券の乗車券も普通に発売されています。

CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/640/F4/感度オート) CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/500/F4/感度オート)
左:6000形「秩父路」
右:5000形(2枚とも熊谷駅にて撮影)


秩父鉄道で使用されている車両は全て他社の「中古」です。

●6000形
もと西武鉄道新101系で、急行「秩父路」に使用されています。秩父鉄道入線に際しては急行仕様とするためかなり大規模に改造されています。車体関係では3つあるドアのうち中央の1つを閉鎖し、先頭車不足を補うため廃車になったほかの車両から運転台を移植し、車内関係ではロングシートからクロスシート(これも西武10000系「ニューレッドアロー」の中古品)に変更しています。

●5000形
東急目黒線直通前の都営三田線を走っていた元東京都交通局6000系です。ワンマン運転機器の搭載以外は都交通局時代と変わった点はありません。

●1000形
PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(mm)・Tv(1/500/F5.6/ISO100)・トリミング PENTAX K10D・smcPENTAX-FA28-80mmF . - . (53mm)・Tv(1/180/F8/ISO100)・トリミング
PENTAX K10D・smcPENTAX-FA100-300mmF4.7-5.8(250mm)・Tv(1/350/F8/ISO100)・トリミング PENTAX K10D・smcPENTAX-FA28-80mmF . - . (60mm)・Tv(1/250/F4.5/ISO100)・トリミング
1000形のカラーバリエーション。
左上:秩父鉄道オリジナルカラー(樋口~野上、他3枚は樋口駅)
右上:オレンジ色
左下:黄色
右下:黄緑色+黄色帯


元JR(国鉄)101系です。本家であるJRでは2003年の南武支線を最後に消滅しており、現役の状態の101系を見られるのは全国でもここ秩父鉄道のみです。秩父鉄道入線後、3両編成あるうちの両端の2両について3基分散方式でクーラーが取り付けられました。(真ん中の車両はクーラー無しのため当然のことながら夏場は誰も乗らない。)また、車体は入線当初は黄色、その後は白をベースにしたオリジナルカラーとなっていましたが、昨年秋から相次いで国鉄時代の通勤電車を再現した「リバイバル仕様」に順次変更されました。色は「オレンジ(中央線・武蔵野線)」「黄色(総武線・南武線・鶴見線)」「青色(京浜東北線)」「黄緑色+前面黄色帯(関西線)」の4色です。

■ SL“パレオエクスプレス”
PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・M(1/350/FF6.7/ISO100)・トリミング・ガンマ値調整
SLパレオエクスプレス(樋口~野上)

思いっきり逆光の写真です。申し訳ありません・・・

秩父鉄道の目玉の一つがこの蒸気機関車C58 363けん引の「SL“パレオエクスプレス”」です。「パレ尾エクスプレス」の名称は秩父で化石が発掘された海獣「パレオパラドキシア」にちなんだものです。1988年から運行されており、毎日熊谷~三峰口間を1往復します。以前は昭和初期に製造された古い客車を使用していましたが、老朽化のため現在はJR東日本から購入した12系客車を使用しています。4両編成の客車は3両が自由席、残りの1両が指定席となっており、いずれも運賃とは別に料金が必要です。

さて、この日わざわざ午後に秩父鉄道の撮影を回したのはこのSLの撮影が目当てだったのですが、結果は場所の選定をミスしたためご覧の通り見事に逆光という酷い写真となってしまいました。(タイトルの写真が無いのもこれが理由です。)時間があれば秋の紅葉の時期にでも再チャレンジしたいと考えています。

▼参考
秩父鉄道(公式Web) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  秩父鉄道  SL  101系

カテゴリ:鉄道:民鉄・公営の車両 の最新記事

千葉モノレール「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」コラボラッピング(2013年05月25日作成)
千葉モノレール「URBAN FLYER 0-type」(2:車内・デビュー記念イベント編)(2012年07月28日作成)
千葉モノレール「URBAN FLYER 0-type」(1:概要・車外編)(2012年07月26日作成)
銚子電鉄2010(2010年8月19日)(2010年12月10日作成)
横浜市営地下鉄グリーンライン(2008年10月03日作成)
秩父鉄道(写真は失敗です・・・)(2008年05月30日作成)
多摩都市モノレール(2008年03月15日作成)
湘南モノレール(2007年10月17日作成)
ちょっと遅いですが・・・夏の江ノ電(2007年10月16日作成)
茨城交通湊線第三セクターで存続へ(2007年10月02日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:花を見に@携帯  
古い記事:埼玉県秩父市のマンホール>>>

Facebookのコメント

コメント

秩父鉄道の機関車
秩父鉄道には電気機関車と蒸気機関車が活躍してる。貨物牽引と客車後押しの電気機関車と蒸気機関車が走ってるからだ。電化されてる私鉄の大井川鉄道と秩父鉄道には蒸気機関車がどうして走ってるのか。石炭はどこで採れるのか心配だ。秩父鉄道はトンネルが無いから石炭の煙で顔が真っ黒になることは全く無い。大井川鉄道はトンネルがあるから煙で顔が真っ黒になるからだ。
2010/06/04 22:59 | URL | 投稿者:タクロウ [編集]
Re: 秩父鉄道の機関車
タクロウさま>
秩父鉄道・大井川鉄道はともに蒸気機関車を運行しているのはイベント的な要素が強いものといえます。いわゆる団塊の世代が大量に定年退職の時期を迎えているだけあって、各鉄道会社ともこの世代の観光促進に躍起になっているようです。
2010/06/18 21:49 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter