床から地下水が噴き出す地下駅?

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年10月15日00:36
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

東京タワーを撮影して、御成門駅から都営三田線に乗り三田駅まで行きました。ここからJR田町駅まで行きそこから千葉まで帰りました。都営三田線の三田駅で降りたわけですが、改札の外に出てすぐの通路でこんな光景を見ることができました。

地下水が床を浮かせる





上:漏水している場所の全景。
下:浮き上がりそうなPタイルと点字ブロック。

都営三田線三田駅の一番前(白金高輪寄り)の改札から都営浅草線の三田駅まで行く通路の入口辺りです。壁や床のいたるところから地下水がしみ出しており、あちこちで床板が浮き上がってしまっています。特に噴出の激しい壁面寄りは床にゴムのシートを張った上土のうを積んで浮き上がらないようにしてあります。この日は晴れていたので「しみ出す」程度でしたが、大雨のときはきっともっと勢いよく水が出てくるのでしょう。

この下はちょうど都営三田線の既存のトンネルと、白金高輪延伸に際して新たに建設したトンネルの境界部分に当たります。つまり、もともと行き止まりの先にあった壁を壊して線路を建設したことになります。改築に際しては十分な補強がなされているはずですが、地下水に対する水密性の面では弱い部分があるのかもしれません。

水を無視した地下開発のツケ

ここに限らず東京の地下鉄ではこういったトンネル内に湧き出す地下水が非常に問題になっています。これは建設当時は周辺で地下水が多量にくみ上げられていた影響で水位がトンネルより下だったものが、地盤沈下対策で1972年にくみ上げ規制がかけられ水位が急上昇してしまったために起きているものです。湧出する地下水を排出するポンプの電気代や、漏水を排水するための覆い・配管の設置などで各社とも年間数億円という多額の経費がかかっています。
さらに、JR横須賀・総武線東京駅や東北新幹線上野駅では、漏水だけに留まらず地下駅全体が地下水の水圧で浮き上がる危険性が生じました。対策として東京駅は深部の岩盤に杭を打って駅構造物を「係留」し(アースアンカー工法)、上野駅ではホーム下に何と3万tの鉄塊を積んで水圧に対抗させるなど大規模なものになってしまっています。最近の地下鉄建設では水密性の高いトンネルが開発されてはいますが、既存のトンネルに関しては問題が放置されたままなのが現実です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
古い記事:東京タワーの夜景>>>

最新記事

山ノ内町のマンホール(2019/05/08)
都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2019年1月25日取材)(2019/03/14)
京急大師線地下化工事(2019年2月26日取材)(2019/03/03)
京成博物館動物園駅跡、開く。(2019/02/08)
2019年のご挨拶(2019/01/31)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。なお、COMIC ZIN新宿店は6/3(月)をもちまして閉店となりましたのでご注意ください。詳しくは→こちら(2019,06,04)
お問い合わせページに注意事項を追加しました。ご利用の際はご一読をお願いいたします。(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter