汐留地区で続く道路建設

カテゴリ:道路環状2号線建設 | 公開日:2006年10月06日13:45
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



高層ビルの隙間を「ゆりかもめ」が走る

汐留駅の地上は日本テレビや電通の本社ビルが入る「汐留シオサイト」のビル群が広がっています。その隙間を縫うようにして新交通「ゆりかもめ」が走っており、その脇の日本テレビと汐留タワービルの間は地階まで巨大な吹き抜けになっています。高層ビルの間を電車が「空中飛行」する様子は一昔前のSF映画の光景そのものです。

さらに道路の建設が続く


奥がJR山手線・京浜東北線などの線路。

汐留地区の南側の一角に空き地となって未だに工事が続いている場所があります。環状2号線の建設現場です。この道路は地上4車・地下4車線の2層構造になり、山手線・京浜東北線をくぐった先にある第1京浜につながる予定です。交差する山手線・京浜東北線は既設のレンガアーチ高架橋を一般的なのPC桁に作り変える大改造を行っています。また、その先の第1京浜の地下には都営地下鉄浅草線が通っています。



掘削が続く。

そうです。1つ前の記事で書いた都営大江戸線汐留駅の「謎のトンネル」はこの環状2号線の下を通って都営浅草線のトンネルにつながるわけです。地上部ではこのようにトンネル築造のための大規模な掘削工事が行われていました。


環状2号線について
環状2号線はなんと戦後すぐの昭和21年に計画が出来上がったもので、有明~汐留の手前までと虎ノ門(特許庁前)~四谷~秋葉原の区間はすでに完成・供用されていますが、汐留~虎ノ門間はビルが密集していて用地買収が困難であり、未だに着工できていない状態です。しかし、最近の「再開発ブーム」でこの状況もようやく先が見えてきたようです。現在2015(平成27)念完成に向けて準備が進められています。ちなみに、この道路は「マッカーサー道路」という通称がつけられているようです。その理由は

1、戦後しばらくの間に本を統治したGHQの総司令官マッカーサーが'''竹芝桟橋からアメリカ大使館(六本木)までの凱旋道路として望んだという根拠のない噂から。
2、建設にあまりに時間がかかっているので、それを揶揄する意味でつけられた。

という2つの説があるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント


かなりの遅レス、申し訳ありませんがあえて書かせていただきます。

マッカーサー道路の由来ですが、かなりの謎です。
なにしろ、GHQは「敗戦国のくせに凱旋道路のようなものはあってはいけない」と色々な道路計画がボツにしているのです。

そもそもマッカーサー道路が事実なら、占領軍指令ということになり、万難を排して早期に完成していたはずでしょうし、揶揄なんでしょうかね?
2014/07/13 20:20 | URL | 投稿者:あーる [編集]
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

東急大井町線急行7両化工事(2017年3月12日取材)(2017/03/22)
相鉄線星川駅高架化工事(2016~2017年取材)(2017/01/31)
2017年ご挨拶&2016年の人気記事と傾向 (2017/01/07)
首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】「制作日記」を更新しました。(2017,02,02)
【お知らせ】更新通知専用のTwitterアカウントを開設しました。→@Rf_notify(2017,01,23)
【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter