大江戸線汐留駅の謎のトンネル

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年10月05日13:41
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



日テレタワーの地下にある都営大江戸線汐留駅入口

都営大江戸線の汐留駅は地上に単独の出入り口を持たず、すべて地下街の中に出入り口があるちょっと変わった地下鉄駅です。駅が位置する場所が汐留シオサイトの再開発地区のど真ん中であったことから従来の構造に縛られずに駅を作ることができたのでこのような構造になったようです。大江戸線全線開業時点では地下街が完成しておらず、この駅だけがしばらく通過扱いになったのはご存知の方も多いでしょう。

謎のトンネル=浅草線への連絡通路
一番北側(新橋駅寄り)にある階段を下りてホームへ出ます。一見すると何の変哲も無い地下鉄駅ですが、月島・両国方面行きの線路を見渡すとグチャグチャとポイントが入り組み、そのうち1線は壁の向こう側へと消えていっています。

▼この通り


ホームまでの通路から。

▼ホームから眺めるとこんな感じ


架線や軌道回路(インピーダンスボンドが置かれている)があることを考えると単なる保守用機械の置き場所ではなさそうです。



実は、この線路はそのまま汐留地区の地下を抜け、都営浅草線の大門駅付近へつながるものなのです。大江戸線は清澄白河と光が丘に自線用の車両基地を持っていますが、設備的にはやや不十分であるため、この連絡線を通って浅草線の終点西馬込にある馬込車両基地へと運んで検査を行うことになっています。浅草線は通常型の地下鉄、大江戸線はリニアモーターの小断面地下鉄と仕様に大きな差があるため、大江戸線車両は浅草線内では自走できず、専用の電気機関車にけん引されて馬込車両基地に向かうことになっており、このための機関車もすでに準備されています。

連絡線のトンネルは地上の道路と一体で建設が行われていてまだ工事中の場所もあり、ここを大江戸線の車両が通り抜けていくのはしばらく先の話になりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter