201系京葉線「ドア部分のつり革が無い!」

カテゴリ:鉄道:JRの車両 | 公開日:2006年09月27日02:56
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



京葉線201系72編成。

以前中間に入っている運転台がどうのこうのと書いた京葉線の201系72編成ですが、昨日乗ったところ新たな事実に気付きました。

こりゃラッシュ時は地獄だ(爆)


左が蘇我方4両、右が東京方6両の車内の様子。蘇我方4両はドア上部のつり革が無いのがわかります。新製当時は何れの車両ともドア上部のつり革は設置されていませんでしたが、JRになってから混雑時の安全性を考えてつり革を追設したものです。しかしながらこのように一部の車両には設置が行われないままとなっています。(同じ京葉線の205系の一部にも見られます。)京葉線も沿線で住宅開発が進み、朝夕の混雑はかなりのものになっています。この部分に立ってしまった場合、つかまるところが無いことになり、列車が揺れるたびに不安定な姿勢にならざるを得ません。この車両に乗ってしまった場合の通勤ラッシュはさぞかし大変なことでしょうね。

以前書いたとおり、この車両は最近全検を通ったものの、デジタル列車無線取り付けが省略されるなど、廃車への前兆ともとれる変化がおきています。京浜東北線209系置き換えとも関連してこの車両が姿を消す日も近いのかもしれません。

以前の記事
京葉線201系非分割車の行方(2006年7月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用

カテゴリ:鉄道:JRの車両 の最新記事

埼京線E233系7000番台(2014年11月17日作成)
JR東日本・仙台地区の車両(2010年08月19日作成)
京葉線E233系5000番台(2010年08月05日作成)
横浜線開業100周年(2008年10月10日作成)
さよなら「ゆとり」踊り子号@品川駅(2008年03月09日作成)
京葉線新木場駅・その2(2007年12月08日作成)
京葉線・東京モーターショー関連臨時列車(2007年10月29日作成)
E331系甲種回送(新習志野駅)(2007年10月27日作成)
南武支線(2007年10月09日作成)
鶴見線(2007年10月04日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:岳南鉄道
古い記事:身延線123系>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter