415系常磐線・・・交直セクションを越えて

カテゴリ:鉄道:JRの車両常磐線 | 公開日:2006年09月15日21:52
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


我孫子からは快速(取手より先は普通)列車に乗り換えて北上します。来たのは古豪403系を含むオール鋼製車の編成でした。

交流・直流両方に対応


パンタグラフ付近の遮断機群。切り替えに備えて厳重な装備になっている。

415系は簡単に言えば113系を交流電化にも対応させた車両です。常磐線のみならず北九州地区など直流・交流双方の電化に対応する必要がある線区で使用されています。パンタグラフを搭載しているモハ414の屋根には直流←→交流間での切り替えに備え厳重な回路保護の機器が、床下には大容量の変圧器や関連する機器がぎっしりと並んでいます。直流電化の区間では113系などと同じ仕組みでそのまま走り、交流電化の区間では床下に搭載した変圧器で交流2万ボルトを直流1500ボルトに変換して動力に使用します。交流電化の区間では力行(加速)中に床下から変圧器の「ブーン」という電磁音が聞こえてきます。(減速中は変圧器に通電しないので音はしません。)

常磐線の場合、取手~藤代間に直流・交流の電化の切れ目があります。(「交直デッドセクション(死電区間、無電区間)」といいます。ここで切れているのは、筑波山付近にある柿岡地磁気観測所が直流架線のノイズを受けないようにするためで、同じ理由で先日開業したつくばエクスプレスは守谷以北が交流電化に、また関東鉄道常総線・竜ヶ崎線は全線非電化になっています。



交直セクションでの停電の様子

セクション区間では直流・交流双方の電気が混触しないように架線が一定区間絶縁されており、この415系の場合そこを通過する際は電車全体が停電します。(以前、夜間に「あたかも走行中の電車が消えるように見える」ということでテレビで取り上げられていました。)通過時には運転士の切り替えレバー操作でまず冷房が止まり、その後蛍光灯が非常灯のみの点灯になります。切り替えが完了すると即座に通電を再開します。ちなみに、E501系以降の車両では試験車「TRY-Z」(現存せず)の成果により、ATS-Pを応用した自動切換えが可能になり、運転士は一切の操作なしにこの区間を通過できます。また、車内は蓄電池によって停電することもなくなり、常磐線ではE531系による415系置き換え進行でこの「名物」も過去のものとなりつつあります。



自動切換えを実現した「E501系」と並ぶ。土浦にて。


(さらにつづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:常磐線 の最新記事

常磐線各駅停車・千代田線E233系2000番台(2010年9月5日取材)(2011年01月18日作成)
常磐線・成田線“エアポート常磐”運転(2008年01月07日作成)
203系を撮影(2007年06月19日作成)
変わる常磐線(2007年02月21日作成)
高浜駅での通過待ち(2006年09月16日作成)
415系車内のいろいろ(2006年09月16日作成)
415系常磐線・・・交直セクションを越えて(2006年09月15日作成)
203系・・・201系の地下鉄乗り入れ版(2006年09月15日作成)
我孫子線・成田線(2006年05月26日作成)
千代田線6000系・常磐線203系・415系(2006年05月24日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:415系車内のいろいろ

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter