203系・・・201系の地下鉄乗り入れ版

カテゴリ:鉄道:JRの車両常磐線 | 公開日:2006年09月15日00:21
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

新松戸から常磐線を北上します。まずは各駅停車で我孫子まで行きました。ちなみに5月に我孫子までは同じコースを辿っています。

201系と同一メカ


▲前面(拡大可)



▲車内

今回乗ったのはJR所有の203系です。(5月は東京メトロ6000系に乗りました。)メカニズムは中央線や京葉線を走っている201系と同じ電機子チョッパ制御ですが、車体がアルミ車体となり、動力計の仕様が変更されていて(ギヤ比が違う)、地下鉄乗り入れで要求される3.3km/h/sの加速性能が得られるようになっています。車内も「戸袋窓の無い201系」といった感じで、目立つのはドアがステンレス製でなくアルミ製である点くらいです。
走行中は低速側にセットされたギアだけあってか、ちょっと速度が上がっただけでも結構な回転数になって盛大なモーター音が響きます。最近のVVVF制御で使われている交流モーターの場合はブラシ・整流子のような摩擦部分が無いので高速回転でもさほど問題が無く、E231系のように通勤型の加速度のまま最高速度120km/hを実現している場合もあります。この辺りが直流モータの宿命といったところでしょうか。



▲0番台と100番台がある

203系は製造時期の関係から途中で仕様が変更されており、後期の車両は100番第二区別されています。後期製造の車両は台車が205系で採用されたボルスタレス台車となっています。
車体側面の番号は第1編成のみプレートで、その後は一般的な直接ペンキで書く方式になっています。(5月の記事に第1編成の写真があります。)

中央線と京葉線の201系はそれぞれ新型車への置き換えが決定していますが、この203系については用途が特殊なこともあり置き換え計画が発表されていません。しかしながら、チョッパ制御の古い半導体や直流モーターの保守が今後問題になることが予想され、後継車の登場を考えてもいい時期に来ていると言えそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:常磐線 の最新記事

常磐線各駅停車・千代田線E233系2000番台(2010年9月5日取材)(2011年01月18日作成)
常磐線・成田線“エアポート常磐”運転(2008年01月07日作成)
203系を撮影(2007年06月19日作成)
変わる常磐線(2007年02月21日作成)
高浜駅での通過待ち(2006年09月16日作成)
415系車内のいろいろ(2006年09月16日作成)
415系常磐線・・・交直セクションを越えて(2006年09月15日作成)
203系・・・201系の地下鉄乗り入れ版(2006年09月15日作成)
我孫子線・成田線(2006年05月26日作成)
千代田線6000系・常磐線203系・415系(2006年05月24日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

JR御茶ノ水駅改良工事(2020年3月29日取材)(2020/04/09)
広島県竹原市のマンホール(2020/03/31)
コミックマーケット98中止と今後の対応について(2020/03/28)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2020年1月25日取材)(2020/03/25)
千駄ヶ谷駅改良工事(2020年1~3月取材)(2020/03/20)
品川駅再開発(4) 都営浅草線泉岳寺駅拡張(2020/03/13)
品川駅再開発(3)京急品川駅地平化と北品川駅高架化(2020/03/01)
沼津市のマンホール(2020/02/15)
静岡市のマンホール(2018年版)(2020/02/14)
東京メトロ銀座線渋谷駅新ホーム使用開始 - 渋谷駅再開発2019-2020(3)(2020/02/09)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter