アプトの道(旧碓氷線遊歩道)

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



わかるだろうか?架線柱が水平なのに対して線路が物凄く傾いている。これが66.7‰の勾配。

とにかく登ります
「碓氷峠鉄道文化むら」を出ると、すぐ脇に遊歩道の入口が開いています。信越本線の廃線跡を利用した「アプトの道」です。碓氷峠をそのまま登っていき、途中のめがね橋(アプト式時代のレンガアーチ橋)まで行けます。本当はすぐに帰るつもりだったのですが、なぜか足がそちらの方向へ・・・(爆)



左上:体験運転のEF63を横目に見つつ・・・
右上:「文化むら」の脇には花が咲いていました。
左下:「文化むら」の外れにはラックレールを利用した排水溝の蓋が。
右下:振り返ったところ。ここから本格的に廃線跡に入る。



左上:上を跨ぐのは上信越自動車道
右上:朽ち果てつつある閉塞信号機
左下:廃線路のうち、片側は「文化むら」からトロッコが走るために残されている。途中にはホームもある。
右下:その脇にある丸山変電所跡。信越線現役当時は荒れ放題だったが、その後きれいに整備された。



左:この辺りから勾配が一気に急になる。勾配の変化点が目の前で見ても確認できるほどだ。
右:さらに上ると「峠の湯」という観光施設に着く。ここからはアプト式時代の線路へ進路が変わる。


最初は25‰程度の勾配で大したことはないものの、丸山変電所辺りからはかつて本当に鉄道が走っていたのかと思えるような急勾配になります。歩いていても「登っている」というのがよくわかるほどでした。さすがは日本一を誇っただけあります。遊歩道は照明設備も無く、日没後は危険と思われるため、今回は「峠の湯」で引き返すことにしました。ここから先は数年前にバスツアーで訪れたことがあるので、また機会があったら紹介しようと思います。再び横川駅に戻り、帰ることとします。

ちなみに、往復で1時間近くかかりました。もし行かれる方はそれなりの準備と覚悟を。(途中でそれる場所はありませんので(汗))
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

2017年ご挨拶&2016年の人気記事と傾向 (2017/01/07)
首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【新企画】『「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト』スペシャルサイトをオープンしました。(2017,01,07)
【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter