115系1000番台・・・中吊り広告が吸い込まれる??

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

ここからは9/2の「青春18きっぷ」第2回目の旅になります。

上野から高崎線のグリーン車に2時間乗って着いたのは高崎駅。ここからは信越線に乗り、横川駅へと向かいます。そう、「碓氷峠鉄道文化むら」に行ったわけです。

雪の中でも走れる115系


高崎~横川間は115系、もしくは107系(また後ほど記事にします)で運行されています。行きで乗ったのは115系4両編成でした。115系は房総地区を走っている113系と形には違いがありませんが、山の中に存在する坂で一定の速度で走るためのメカニズム(戻しノッチ・抑速ブレーキ)が装備されています。また、乗降の少ない駅でドアを開けておくのは空調の効率が悪くなるため、この車両では開ける時は手動、閉める時は自動の「半自動ドア」を装備しています。



車内も113系と大差はありませんが、ドアの上の機械の張り出し方が違うのがわかります。これもやはり「半自動ドア」のためのようです。また、この車両の場合車端部は後述の理由からすべてロングシートになっています。

豪雪地を走行するためのメカニズム


この辺りでは冬季の気象条件が厳しいことから、この電車もそれに備えた仕様(製造番号が1000番台)になっています。115系でもともと装備されている半自動ドアに加え、電車の動力源のモーターへ冷却風を送るダクトも雪の侵入を防ぐ構造にっています。これは車端部に冷却風の吸い込み口を設置し、その中の空間(「雪切室」という)で雪と空気を分離し、モーターに風を送る仕組みです。このため車端部は客室のスペースが削られたため前述のようにオールロングシートになったわけです。

中吊り広告が吸い込まれる??


また、この冷却風は場合によっては車内からも吸気できる構造になっています。その吸気口を車端部の壁に見ることができます。ここで中吊り広告のおもしろい挙動を見ることができました。夏場でもこの吸気口は機能しているようで、停車中は直近の中吊り広告は垂直に下がっていますが、走り出して速度が上がるに従って広告の紙が吸気口に吸い寄せられていきます。列車の進行方向は写真の左方向です。よって慣性によって動いているわけでもなく、明らかに吸気口に吸い寄せられているものと思われます。吸気はモーターに直接つながったファンによって行われるため、高速走行中は吸気が強く、逆に停車中は全く吸気がないということになります。こんなことに気付く人は私くらいでしょうか?

おまけ:211系荷物車両


上野~高崎で乗った電車は偶然にも一番後ろの車両が荷物車両でした。新聞などを運んでいるようです。高崎に着くや否や人海戦術?で運び出しが行われていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  信越本線  115系  雪切室

カテゴリ:東北・高崎線・北関東各線 の最新記事

烏山線蓄電池駆動電車“ACCUM”(1:車両の概要)(2014年10月27日作成)
八高線非電化区間(2008年06月09日作成)
八高線205系・209系(2006年11月25日作成)
水郡線キハ110系・特急スーパーひたち(2006年09月19日作成)
107系・・・JR東自社製造の先駆け(2006年09月09日作成)
115系1000番台・・・中吊り広告が吸い込まれる??(2006年09月05日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:209系京浜東北線から引退!?
古い記事:熱海駅前の蒸機>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter