熱海駅前の蒸機

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年09月05日01:31
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

熱海駅ではおみやげを買う時間として1時間とりました。

駅前には温泉地ならでは(でもないか)の足湯がありました。タオルの自販機なども合って興味深いですが、16時までなので体験したい方はお早めに。

駅前に蒸気機関車


で、その足湯の脇に蒸気機関車が1両置かれています。昔、熱海を走っていた軽便鉄道で使われていたようです。説明板には・・・

熱海軽便7号機関車
この機関車は明治40年から大正12年まで、熱海~小田原間の25キロメートルを2時間40分かかって走っていたものです。
この鉄道は関東大震災により廃止されましたが、その後、各地の鉄道建設工事に活躍したのち神戸市の国鉄鷹取工場内に標本車として展示していたものを熱海市が払い下げを受けて修復して、ゆかり深い故郷へ貴重な交通記念物としてかえってきたものです。

機関車の規格 長さ3.36m 高さ2.14m 幅1.39m 重さ3.6t 時速9.7km 客車定員40~50名
◎熱海~小田原間の所要時間 軽便鉄道:160分 東海道本線:25分 新幹線:10分

このように書いてありました。調べてみますと、この軽便鉄道は明治28年に人車鉄道として開業し、その後明治40年に蒸気機関車に動力を変更したものということです。大正12年9月1日の関東大震災で甚大な被害を受け、並行して東海道本線が開業したこともあって震災の翌年正式廃止になっています。
参照:駅探 駅の記憶第03話熱海駅 今、むかし(リンク切れ)
ちなみに、説明板の文中にある鷹取工場は阪神大震災の復興事業の一環で、すでに移転・閉鎖されています。

千葉県でも軽便鉄道の蒸気機関車はいくつか保存されていますが、ここでもきちんと保存されていたわけですね。多くの人が訪れる中でもきれいな状態で保たれているので、この先も長きに渡って駅前のシンボルであり続けることでしょう。

おまけ


買ったお土産は「温泉まんじゅう」と「かまぼこ」でした。温泉まんじゅうのほうはこしあんとつぶあんが半分ずつになっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  熱海駅  蒸気機関車

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter