いきなりこんなネタですが・・・

カテゴリ:鉄道:その他 | 公開日:2006年08月29日19:47
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

合宿とは全く関係ないネタで申し訳ありませんが、ちょっと気付いたことを・・・


今や首都圏のほとんどを占めるまでに増加したJR東日本の新世代車。この車両は「価格半分・重量半分・寿命半分」と思い切ったコンセプトで各所にその工夫が見えます。




車両間をつなぐ通路に被せられている幌もそのひとつで、209系やE217系の場合、グレーのゴム製幌にステンレス製パイプのフレームを2本組み込んだ簡素な形になっています。しかし、最近E231系の中に従来型の折り目がたくさんある幌に変わった車両があることに気付きました。東海道線などがその例です。これらの線区は211系など従来型の幌を使用する車両も残っていることから、それとの互換性を保つ目的でこのような形にしているのかもしれません。

余談になりますが、最近登場したE331系(京葉線の新型車)はEPDMゴムという新しい素材の幌を使用しています。これも従来型と同じような折り目の多い幌ですが、色が黒に変わり、さらに耐久性が向上しているようです。一般にゴムは炭素や硫黄を加えると耐久性が増しますが、一方で硬くなってしまうため、車両間の可動部で使用する中で、この相反する性能を満たすのにメーカー・鉄道会社共々苦労をしているようです。

追記
「EPDMゴム」:エチレンプロピレンゴムの略。屋外での耐久性に優れ、さらに普通のゴムと違って自由に着色できるため、電線の被覆材や遊具のクッションなどに使われているそうです。
参考:㈱大永ドリーム EPDMゴムについて(リンク切れ)

写真
左:東海道線E231系、熱海にて。2006年8月26日
右:横須賀・総武快速線E217系、誉田にて。2006年8月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  貫通幌
<<<新しい記事:伊豆急8000系と200系
古い記事:食事&花火大会@携帯  >>>

最新記事

寄居町のマンホール(2019/07/21)
新京成新鎌ヶ谷駅周辺の高架化(2019年4月9日取材)(2019/07/11)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2019年3月29日取材)(2019/07/03)
山ノ内町のマンホール(2019/05/08)
都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2019年1月25日取材)(2019/03/14)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。なお、COMIC ZIN新宿店は6/3(月)をもちまして閉店となりましたのでご注意ください。詳しくは→こちら(2019,06,04)
お問い合わせページに注意事項を追加しました。ご利用の際はご一読をお願いいたします。(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter