旅の最後の悲劇・・・「何じゃこの雨は!!」

カテゴリ:雑記 | 公開日:2006年08月24日17:16
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

銚子駅からは成田線に乗ってそのまま千葉駅に帰ります。成田線全線走破です。本当は銚子駅前のどこかで昼食にしようかとも考えたのですが、何の店があるのか良く調べていなかったのでここは少し我慢して千葉駅まで戻ることにします。



銚子駅のそばにある留置線には今話題の113系ラッピング車が止まっていました。慌ててカメラを取り出して撮りました。車内から窓越しなのでガラスの汚れが写ってしまっています。中途半端なのはお許しを。

乗車したのはリニューアル工事車(車内の写真→こちら)で2時間快適に過ごす事ができました。朝の出発が早かったのとローカル線特有の定尺レール(25m毎に継ぎ目があるレール)の規則正しいジョイント音が心地よく、この写真を撮った直後からしばらく寝ていました。起きたのは佐原を過ぎた辺りでした。延々と続く田畑の中を電車は進みます。

と、遠方には灰色をした雲が出始め、その下は雨が降っているのか、霧がかかったような感じになっています。「これも夏の気候だし、千葉に着く頃にはやむだろう」と甘く見ていました。ところが、雲は遠ざかるどころか近づき、さらにどんどん厚みを増していき、成田に着く頃ほぼ頭上に被るような状態になりました。心配しながら外を見ていると物井を過ぎた辺りで雨粒が窓ガラスを猛烈な勢いで叩き始めました。車内のお客さんもみんな心配げに見ています。しかし、都賀を過ぎた辺りで空は怪しげな色をしているものの、雨はやんでくれました。

14:13、千葉到着。朝通ったのと同じ通路を通ります。まだ昼食を食べていないので、そのまま駅ビル「ペリエ」の地下のレストランに直行します。御馴染み(?)「杵屋」のネギトロ丼と掛け蕎麦のセットを20分ほどで食べました。

ご、54ミリ???
そして地上へのエスカレーターを上がると雨音がバチバチと響いています。先ほどの雲が千葉市付近まで来たようです。ただ、まだそれほど激しい降り方はしていません。この前の週末も同じような天気の変わり方をしていたので、ある程度は想定していましたが、とりあえず自宅近くまで行くバスが来ていたので飛び乗ります。このバスは20分ほどかけて、自宅最寄のバス停まで行くのですが、10分ほど経ったところで雨が突然土砂降りに変わり車内に居ても屋根に雨粒が当たる音がわかりました。これはすぐに収まりとりあえず安心。しかし、降りるバス停まであと5分ほどというところで再びこの土砂降り、いや、滝のような雨が降りだしてしまいました。とりあえず降車するバス停に着いたので降りますが、屋根付きのバス停から出れば瞬く間にびしょ濡れになってしまうほどの雨量であったので身動きがとれず右往左往。



こんな状態です。

そして辺りに一瞬いやな閃光が走り・・・

バリバリ・・・ドッカーン!!!


来てしまいました。前週と同じく千葉市だけを襲う猛雷雨です。とっさに携帯で確認すると千葉市のしかも東京湾沿いだけに猛烈に発達した雷雲がかかっています。そこには驚くべきことに「1時間で54ミリの雨が降る予想」と出ています。雨の飛沫が飛んでくるので携帯もデジカメもそう長くは出して置けません。雷はほぼ1分以下の間隔で轟き、中には光ってから1秒以下で音が届くものも。音速はご存知の通り常温で340m/sくらいですから、ほとんど目の前に雷が落ちている状態です。もはやこの場から一歩も動くことができません。足元には背後の植え込みから溢れてきた雨水がダラダラと流れてきます。なんだか「この世の終わり」が到来したような感覚です。バスが何台か通過しましたが、雨樋からは猛烈な勢いで水が流れ出しています。

そのまま30分くらいバス停の屋根の下に留まっていたでしょうか。少し雨脚が弱まり、雷も遠くへ去った感じがしたので思い切ってバス停を飛び出して家に行くことにします。数日前ネットで「雷の際は建物の天辺から45度の範囲、無ければ電線の真下を通って」という文章を見ていたのでこれに倣い進んでいきます。と、目の前に恐ろしい光景が・・・



にょげ~~!(@○@)


目の前の道路は完全に水没していました。2年前、道路の改修が行われ1時間に4、50ミリの雨でも平気と言われていただけにこの光景には唖然としてしまいました。仕方が無く、靴を捨てるの承知でその「湖」の中を進みました。ジャブジャブと水を掻き分ける音を立てながら・・・(涙)
「いいんだよ。この靴はボロボロだからもう捨てることにしていたし、濡れるか濡れないかの差だ。」と言い聞かせつつ(←半分ヤケクソ(爆))家に何とか着きました。

家に着いて1時間後にはさっきの雨をもたらした雲はすっかり消滅して朝と同じ晴れ間が広がっていました。最後の最後で散々な目にあった「青春18きっぷの旅第1回目」でした・・・

2006/8/19
(おわり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  113系  成田線  雷雨  大雨  洪水  

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter