電池の性能比べ

カテゴリ:雑記 | 公開日:2006年08月15日22:33
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


今もっているデジカメは、4月に購入したときにお伝えしたとおり、充電式の専用電池ではなく単3乾電池2本で動きます。これまでいろいろな電池を試してきましたが、結構ブランドによって差が出るので驚いています。独断と偏見に基づき?比べた感想です。

フラッシュの使用頻度などによっても変動するので必ずしもこうなるとは限りません。あくまで私の主観なのでこれを見たからといってメーカーに苦情を言ったりしないように。(そんな人いないか。)

全部アルカリ乾電池です。マンガン乾電池では電流不足でデジカメは動きません。

100均電池(メーカー不明)
某有名100円ショップ(○イソー)のもの。いくつか種類はあるが大抵4本1パックで100円は安い。まあ値段の割には結構良く持ってくれた。

日立
期限が近かったこともあるがイマイチの持ち。現在日立とマクセルは同じグループになっており、「日立」単独の電池は存在しない。

マクセル
これも結構良く持ってくれた。値段もアルカリ乾電池としては高くも無く安くも無く平均的なもの。結構オススメ。

Panasonic
オキシライド電池登場にあわせてパッケージがリニューアルした。だが、性能は変わっていないようで期待はずれと思えるほど持ちが悪かった。場合によっては100枚撮れないかもしれない。

これから試そうと思っている電池。

Panasonicオキシライド乾電池
東京工大と共同でこの電池をエネルギー源として有人飛行に成功したのは有名な話。その性能は果たしていかがなものかと試しに1ペアだけ買ってみた。パッケージには「パワーが強いので豆電球などに使うと発熱・故障の原因になる」とか「初期電圧1.7V」とわざわざ書いてあるのでパワーの強さは間違いないようだ。

マクセル イプシアルファ
こちらは分類上アルカリ乾電池だが内容物が変わっており性能が向上しているという。値段も結構高めだったのでとりあえずテストということで買ってみた。

他にも店では充電式電池を大々的にPRしていたのですがどうなんでしょうか?充電式はずっと前に遣ったことがあるんですが末期になると、充電効率が大幅に落ちて電池として成り立たなくなる状況になるのでちょっと敬遠しています。他にいい電池があったらどうぞご教示ください。とにかく電池にかけるコストを減らしたいんで(爆)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:ひとりごとのようなもの ジャンル:日記
タグ:  乾電池
<<<新しい記事:マウスが壊れました・・・
古い記事:ノートパソコン購入計画>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter