幕張海浜公園3・・・見浜園(日本庭園)

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2006年08月07日17:54
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



庭園を見渡す

え~、花火のためにちょっと中断してしまった幕張海浜公園の訪問記ですが、再開します。


道路を歩道橋で跨ぐと今度は「見浜園」という日本庭園が広がっています。概要を簡単に・・・

国際都市の中の日本庭園
今やビジネスの拠点として名高い幕張新都心。「見浜園」はそんな国際交流の盛んな街で、日本の文化にも触れてもらおうという狙いで設けられました。高層ビル群の中のオアシスとして、また園内の茶室は茶会などイベント用としても用いられています。なお、「見浜園」、園内の茶室「松籟亭(しようらいてい)」の名は平安時代の日記物語「更級日記」の中の幕張海岸(あるいは千葉近辺の海岸)の記述から引用して付けたものです。

●料金・開園時間等料金:一般110円、小中高生50円
開園時間 4~9月:8:00~19:00
      10~3月:8:00~17:00
      (ただし入園は閉園の30分前まで)
休園日:年中無休

※46台分の有料駐車場あり。
※園独自のホームページは無い模様。


東京の日本庭園に散々行っておきながら、家から自転車で行けるこの「見浜園」を全く無視していました・・・
規模的には先日行った芝離宮よりもずっと小さいです。庭園のつくりは今まで見てきた東京の日本庭園とほぼ同じですが、地面の至る所に排水設備が剥き出しになっているところを見ると「最近造った」という印象がしてしまうのも事実です。また、最近は近接して高層マンションが建ち始め、それが園内のどこからも見えてしまうなど、「狭苦しさ」もやや感じられます。せっかくきれいな日本庭園を造るわけですから、景観に配慮した都市開発というのも必要ではないかと思いました。

ちょっと脱線しますが東京駅近辺で進む高層ビル再開発で、皇居の中が見えてしまうため、宮内庁から配慮を求める声が出ているそうです。
皇居周辺ビル超高層化、御所一望?で「高さ論争」再燃(読売新聞 2006年8月7日)(リンク切れ)



園の周辺も和風になっています。
左上:周辺道路から延びる道
右上:入口の前の池
左下:公園全体の管理棟はここにある
右下:庭園のエントランス



庭園内の建物。
左上:エントランスの逆側
右上:茶室「松籟亭」
左下:築山
右下:▲の頂上から

※茶室が使われていない日は茶室内の立礼席(椅子席)で和菓子付きの抹茶(300円)をいただけます。(行った日は他に使用している団体があったようです。)



池や植物。
左上:奥にあるハス池
右上:マンション群が見えてしまうのは如何なものかと・・・
左下:唯一咲いていた花
右下:庭園の一番奥の池

ここは茶会が開かれることもあるのでまた来る機会があるかもしれません。その際はまた書こうと思います。


見浜園をあとにし、千葉マリンスタジアムの方向へ向かいました。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter