千葉駅、113系「連結作業」

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



千葉駅の113系をもう一点。

運用の都合で頻繁に行われている連結作業を取り上げてみます。
千葉駅の場合、新たに連結する車両は車庫から回送するのではなく、到着列車をそのまま使用する場合があります。時間の無い場合は到着時に乗客を乗せたまま連結作業を行い、終了後に降車となることもあります。路線間をまたがる運用のため、どこかの路線でダイヤ乱れが発生すると、即座に他の路線にも影響が波及してしまう欠点も持ち合わせています。

連結作業
連結作業をGIFアニメにしてみました。撮影は377M、千葉駅8番線18:45発の総武本線経由銚子行きとなる車両です。1MB以内に収めるため480*360ピクセルです。

113系連結

①貫通扉を開け、幌のロックを解く。
②作業員が地上に降りてハンマーで連結器などの点検をする。
③~⑤連結相手の車両が到着。こちらも貫通扉を開ける。
⑥・⑦係員が合図灯を振って連結車両を誘導する。合図灯の代わりに緑(「進め」の意味)と赤(「止まれ」の意味)の旗を用いることもある。
⑧合図灯を赤に切り替え、一旦停止。
⑨・⑩慎重に近づき・・・
⑪連結完了!
⑫幌をつないで終了。

この後床下にあるジャンパー線(車両間を渡る電線)をつないで完全な終了となります。ここまで所要時間は大体5分程度です。プロの作業の素早さには感心してしまいます。

車両間に貫通路を構成しない場合は⑪の幌連結が省略されます。また、車両に電気連結器(連結器下にジャンパー線の接続を自動で行う装置)をつけている場合はジャンパー線の連結も省略されます。この点、省力化の一切行われていない千葉駅の連結作業は一番ベーシックなやり方と言えます。

近々運用開始が予定されている211系の場合は電気連結器を装備しているため、今よりも作業が簡素化されることでしょう。とはいえ、目前で繰り広げられる連結作業はいつ見ても興味を惹かれるものであります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:総武線・房総各線 の最新記事

開業100周年を迎え大きく変わる久留里線(2012年2月11日取材)(2012年03月11日作成)
JR東日本E259系・特急「成田エクスプレス」(2011年11月28日作成)
房総各線用209系の概要(2010年04月02日作成)
内房・外房線新聞輸送列車が廃止に(2010年01月23日作成)
E217系機器更新車(2008年05月17日作成)
春の房総臨時列車(2008年03月08日作成)
下総中山駅でデジタル一眼の試し撮り(2008年02月28日作成)
物井~佐倉間でデジタル一眼の試し撮り(2008年02月26日作成)
大雪の内房線・外房線 - 08年2月3日(2008年02月05日作成)
先頭車の無い211系@千マリ(2008年02月02日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:京葉線201系非分割車の行方
古い記事:千葉駅、113系づくし>>>

最新記事

Yahoo!ジオシティーズサイトの今後について(2018/10/04)
西武新宿線中井~野方間地下化工事(2018年6月16日取材)(2018/08/27)
東京メトロ銀座線渋谷駅移設 - 渋谷駅再開発2018(2)(2018/05/11)
渋谷駅再開発事業の概要 - 渋谷駅再開発2018(1)(2018/05/05)
首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】完売していた書泉グランデ・ブックタワー様での販売を再開しました。また、新たに自家通販も開始しました。詳しくは→こちら(2018,08,20)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter