千葉駅、113系づくし

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

芝離宮に行った帰り、ちょっと無理をして千葉駅で113系を撮ってきました。



4・5番線での並び。
先頭車の前面についている行き先表示は路線ごとに色が違っています。内房線は「紺」、外房線は「赤」、総武本線は「黄」、成田線は「緑」となっています。



快速のE217系との並び。
かつては快速として東京地下駅まで乗り入れていた113系も、今は臨時列車や新聞輸送列車を除いて都心には姿を現すことはありません。最高速度130km/hが当たり前の世界ではもう復活は無理なのでしょうか。



千葉駅の駅名標と・・・



113系の機器類。
こういうのを落ち着いて撮れるのもきっと今のうちでしょう。最期が近づけば東海道線の時のようにホーム上を移動することすらままならない状態になるでしょうから。

①左上:付随車の台車「TR62形」
②右上:電動車の台車「DT21B形」
③左下:電動発電機。インバータが登場した今では無用のもの。
④右下:抵抗器。ここから出る「ブーン」という音をご存知の方も多いハズ。

解説
①と②の違い、わかります?②の台車の端を見るとブレーキの部品が突出しているのがわかります。また、枠にも円筒形の部品(ブレーキシリンダ)が付いています。
③は架線の高圧電気を車内の照明や空調に使えるように変換する機械です。中はモーターに発電機がつながっているだけの単純な構造です。半導体の無かった頃は架線の電気を直接使うことが出来なかったので、このようなまわりくどい方式になりました。大容量の半導体が当たり前になった今ではもはや重くて無駄でしかない機器でしょう。事実、リニューアルをした車両はインバータに置き換えられています。
④は電車が加速するとき二モータに流れる電流を調節したり、ブレーキ時にモーターから発生した電気を熱に変える抵抗が詰められた箱です。抵抗値の単位「Ω(オーム)」の字が描かれています。夏場はホーム上まで熱気が上がってきて厄介者です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:総武線・房総各線 の最新記事

開業100周年を迎え大きく変わる久留里線(2012年2月11日取材)(2012年03月11日作成)
JR東日本E259系・特急「成田エクスプレス」(2011年11月28日作成)
房総各線用209系の概要(2010年04月02日作成)
内房・外房線新聞輸送列車が廃止に(2010年01月23日作成)
E217系機器更新車(2008年05月17日作成)
春の房総臨時列車(2008年03月08日作成)
下総中山駅でデジタル一眼の試し撮り(2008年02月28日作成)
物井~佐倉間でデジタル一眼の試し撮り(2008年02月26日作成)
大雪の内房線・外房線 - 08年2月3日(2008年02月05日作成)
先頭車の無い211系@千マリ(2008年02月02日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:千葉駅、113系「連結作業」
古い記事:鉄路を支える人々>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter