雨の芝離宮庭園

カテゴリ:公園・風景日本庭園 | 公開日:2006年07月23日14:50
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。




先週、雨の中東京まで出かけてきました。浜松町駅のすぐ横にある旧芝離宮恩賜庭園に行ってきました。


旧芝離宮恩賜庭園について
小石川後楽園とともに、今に残る最も古い大名庭園のひとつです。典型的な「回遊式泉水庭園」で、池を中心にした地割りと石割は秀逸です。この地はかつて海面でしたが明暦(1655~1658年)のころに埋め立てられ、延宝6(1678)年に老中・大久保忠朝の邸地となりました。忠朝は上屋敷を建てる際に、藩地の小田原から底師を呼び寄せて作庭し、これを「楽壽園」と命名しました。
その後、数氏を経て、幕末には紀州徳川家の芝御屋敷となりました。明治4(1871)年に有栖川宮家のものになりましたが、同8(1875)年に宮内省がこれを買い上げ、翌年に芝離宮となりました。大正12(1923)年の関東大震災によって建物と樹木のほとんどが焼失しましたが、翌13(1924)年1月、昭和天皇の御成婚記念として東京市(都)に下賜され、庭園の復旧と整備を施して、同年4月に一般公開されました。昭和54(1979)年6月に国の名勝に指定されています。
(パンフレットから引用)



入口の辺りから眺めた園内の全景。(5枚のパノラマ合成。クリックすると拡大します。214KB

料金・休園日等
休園 年末年始(12/29~1/3)
開園時間 9:00~17:00
8/26(土)まで毎週木・金・土曜日は開園時間を2時間延長しています。
料金 一般150円 65歳以上70円 (都内在住の小中学生は無料)



清澄庭園などと並んでそれほど広くは無い庭園です。池を中心にした構成は他の庭園と大きな差はありません。少し北のほうへ行くと3月に行った浜離宮があります。時間があればセットで行ってみるのもいいかもしれません。

雨だったこともあり、日曜日の昼にもかかわらず園内は数人しかいないという閑散振りでした。アジサイなど梅雨の花々もちょうど終わってしまったところなので見所が無いといわれればそうかもしれません。



左上:池の中央にある「中島」に続く橋。
右上:左とは反対側の橋。中国の杭州(現在の浙江省)、西湖の堤を模したもの。
左下:池の脇に立つ石柱。相模の戦国武将松田憲秀旧邸の門柱を茶室を建てるために運んできたもの。
右下:石組。「唐津山」と説明書き。



左上:築山の間を通る道。「枯滝」
右上:築山がいくつもある
左下:桔梗(ききょう)の花が咲いていました。
右下:弓道場があります。(道具は自分で持ち込み)



左上:東京タワーと貿易センタービル
右上:木立の間からわずかに東京モノレールが見える
下2枚:矢印の位置の地下を横須賀線のトンネルが抜ける。右は奥にある砂浜。

ちょっとトリビア的なお話を。(何でも鉄道の話題とこじつけようとする悪いクセが・・・)
この庭園の下を横須賀線のトンネルが通っているのはあまり知られていないことかもしてません。横須賀線は品川~東京間を線増する際、用地の関係で地下に線路を建設をしました。大半は道路の下ですが、この芝離宮の庭園の下を抜けた先はそのまま汐留シオサイトの高層ビル群の下を抜けています。(ただし、汐留地区はかつて国鉄の貨物駅だった土地。)シールド工法で建設されたため、地上にはそれを伺わせるものは何もありません。

▼参考
芝離宮庭園付近の地図(Yahoo!地図情報)
汐留付近の地図(Yahoo!地図情報)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:日本庭園 の最新記事

池上梅園&池上本門寺(昨年の取材です)(2012年03月15日作成)
旧芝離宮恩賜庭園・再訪(2008年5月18日)(2008年06月04日作成)
京王百草園梅まつり(2008年03月03日作成)
殿ヶ谷戸庭園(2007年09月06日作成)
旧古河庭園(東京・駒込)(2007年07月04日作成)
水戸偕楽園(2007年03月25日作成)
向島百花園と梅まつり(2007年02月24日作成)
小石川後楽園(2006年11月08日作成)
浜離宮恩賜庭園・・・昼編(撮り直し)(2006年10月09日作成)
雨の芝離宮庭園(2006年07月23日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:鉄路を支える人々
古い記事:通知運転!>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter