都営大江戸線飯田橋駅「これはアートか?」

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年07月16日20:51
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

今日は天候も何とかもってくれたので東京都内まで出かけてきました。

先々週に続き、都営大江戸線に乗って飯田橋駅を見てきました。
都営大江戸線の各駅はそれぞれ何らかの「テーマ」をもって造られており、駅ごとに特徴があります。飯田橋駅はその中でもトンネル構造物の形をそのまま生かしたデザインとなっており、ほかの駅とはやや異なった趣です。

ホーム階「トンネル構造をあえて『見せる』」






ホーム階はあえてトンネル構造を隠さずにそのまま生かしています。この結果、ホーム中央部はコンクリートがむき出しの高天井になっており、地下駅とは思えない開放的で独特な雰囲気です。この部分は蛍光灯を使用しない照明となっておりこれもまた普通の地下駅とは違った感じです。柱や壁の色も場所によって異なっており、ベンチや公衆電話の台など小物類も一つ一つにデザイン性が持たされています。従来の画一的なデザインの多い地下駅と違い「飽きの来ない」デザインです。
両国方はホームが終わると線路との間に壁ができてそのまま改札へのコンコースに通じています。床は黒々としたアスファルトになっており、壁に縦に配置された蛍光灯とも相まって未来的なイメージを出しています。ここもホームと同じく高天井です。
また、ホーム・コンコースとも床には金属製のベルトが埋め込まれています。

天井を這う「植物?」



地下1階の改札階へは幾つも階段・エスカレータを使います。この部分の天井はさらに特徴的です。天井にはコンピュータで自動生成されたという「植物」のような網目のパイプが這っており、従来に無い斬新なデザインです。このパイプの一部は蛍光灯が埋め込まれており、照明という機能を兼ね備えた低価格な「オブジェ」なのかもしれません。これは改札階まで続いており、無機質な壁を彩る「アート」になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:駅 の最新記事

京成博物館動物園駅跡、開く。(2019年02月08日作成)
南武線西府駅(2009年11月23日作成)
新三郷駅・・・ギネスに載った駅のいま・これから(2008年04月16日作成)
越谷レイクタウン駅(2008年04月07日作成)
東急大井町線九品仏駅の扉締切り(2007年10月11日作成)
海芝浦駅・・・台風の影響が・・・(2007年10月06日作成)
鶴見線国道駅(2007年10月05日作成)
銚子電鉄仲ノ町駅(2007年08月20日作成)
京成博物館動物園駅跡(2007年07月12日作成)
幕張駅中線ホームに入る電車(2007年03月15日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

広島県竹原市のマンホール(2020/03/31)
コミックマーケット98中止と今後の対応について(2020/03/28)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2020年1月25日取材)(2020/03/25)
千駄ヶ谷駅改良工事(2020年1~3月取材)(2020/03/20)
品川駅再開発(4) 都営浅草線泉岳寺駅拡張(2020/03/13)
品川駅再開発(3)京急品川駅地平化と北品川駅高架化(2020/03/01)
沼津市のマンホール(2020/02/15)
静岡市のマンホール(2018年版)(2020/02/14)
東京メトロ銀座線渋谷駅新ホーム使用開始 - 渋谷駅再開発2019-2020(3)(2020/02/09)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2019-2020(2)(2020/01/29)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter