清澄庭園

カテゴリ:公園・風景日本庭園 | 公開日:2006年07月08日13:45
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



園内の様子

今回はちょっとマイナーな江東区の清澄庭園です。

原型は江戸時代の屋敷跡
《パンフレットから引用》
一説には江戸時代の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられています。その後、享保年間(1716~1736年)に下総国、関宿の城主久世大和守の下屋敷となり庭園の元が形づくられました。明治11(1878)年に岩崎彌太郎がこの邸地を社員の慰安や貴賓を招待する場所として造園を計画、明治13(1880)年に「深川親睦園」を開園しました。その後も造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ築山、枯山水を中心に、周囲には全国から取り寄せた名石を配して明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」として完成しました。昭和54(1979)年3月31日には東京都の名勝に指定されています。
※なお、大正12(1923)年9月の関東大震災や昭和20(1945)年3月の大空襲の時には避難所として多くの命を救いました。


料金・開園時間など
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
料金 中学生以上150円
    65歳以上70円
    都内在住の小中学生は無料








これまでに周ってきた浜離宮六義園などより小規模な庭園です。しかし、植えられている植物の種類や建築物などはほかの庭園と比べても遜色の無いもので、全体を短時間で見られるので手軽にいけると思います。茶室などの貸し出し施設もあります。園の奥にある「涼亭」は何かの撮影に利用しているようでした。

組写真(上)
左上:正面の門。閉園時間だったので閉まっています。
右上:いかにも日本庭園という感じです。
左下:大正記念館。七夕飾りがあり、自由に短冊をつけられるようになっていました。
右下:園の奥にある「涼亭」

組写真(下)
左上:「中の島」
右上:池を泳ぐ鯉。売店で餌も売っているみたいです。
左下:アジサイの花。奥の建物は「傘亭」。
右下:花菖蒲はすでに終了。

おまけ:清澄白河駅の七夕飾り



清澄白河駅の半蔵門線改札内にあった七夕飾りです。子どもたちが備え付けの短冊にうれしそうに願いことを書いていました。そういえば自分には最近こういう「夢」が足りないなと感じた瞬間でした・・・

この後はちょっと(でもないな)大回りして千葉方面に帰りました。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京23区 ジャンル:地域情報
タグ:  清澄庭園  七夕  庭園

カテゴリ:日本庭園 の最新記事

池上梅園&池上本門寺(昨年の取材です)(2012年03月15日作成)
旧芝離宮恩賜庭園・再訪(2008年5月18日)(2008年06月04日作成)
京王百草園梅まつり(2008年03月03日作成)
殿ヶ谷戸庭園(2007年09月06日作成)
旧古河庭園(東京・駒込)(2007年07月04日作成)
水戸偕楽園(2007年03月25日作成)
向島百花園と梅まつり(2007年02月24日作成)
小石川後楽園(2006年11月08日作成)
浜離宮恩賜庭園・・・昼編(撮り直し)(2006年10月09日作成)
雨の芝離宮庭園(2006年07月23日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter