千葉公園、大賀ハスの花が見頃です

カテゴリ:公園・風景花・植物 | 公開日:2006年07月03日16:39
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



ハス池の全景。

横浜から帰ってきました。話は地元千葉に戻ります。
千葉公園の有名な大賀ハスが咲き始めたと言うのを聞いたので、土曜にチャリで行ってきました。

▼参考
古代ハス、ピンク色の花見ごろ…千葉公園(読売新聞 2006年6月30日)(リンク切れ)

千葉公園の池はこの大賀ハスで有名です。池の上には木道も整備されており、間近でハスの花を眺めることができます。ハス池の入口には記念碑が建っています。書かれている内容を以下に示します。

大賀蓮記念碑
昭和二十六年三月、千葉検見川東京大学グラウンド地下より発見された三粒の蓮の実は、蓮の権威者大賀一郎博士に依り約二千年前のものと鑑定され、その年の三月発芽し翌年七月十八日見事に開花した。その後、此処千葉公園に移植され毎年薄紅色の美しい花を開いている。また、ここから世界各地にも贈られ友好親善を深めている。この蓮の永久に生命あらんことを念じてやまない。

昭和五十八年七月十八日
撰文 千葉蓮の会会長 杉本郁太郎
    千葉市

ハスの花の近くに寄ってみました。



まだ咲きはじめといったところ。途中までしか開いていない花が多かったです。皆さんが行くころにはもっと咲いているでしょう。



もちろん忘れてませんよ。モノレールとの組み合わせ。本数が少ないので一発で決めねばなりません。



アジサイはそろそろ終わりかな?

この後は・・・まあ地元を周るときのお決まりのパターンです。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉県 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉公園  大賀ハス  アジサイ

カテゴリ:花・植物 の最新記事

青梅市梅の公園・・・今年限りで見納め(2014年03月28日作成)
千葉公園の大賀ハス2012(2012年07月12日作成)
靖国神社・千鳥ヶ淵の桜 - 2012年桜めぐり(2)(2012年04月17日作成)
目黒川の桜 - 2012年桜めぐり(1)(2012年04月09日作成)
清水公園(2011年5月8日取材)(2011年10月01日作成)
昇仙峡の紅葉(2010年11月21日取材)(2010年12月01日作成)
昭和記念公園の花々(2010年5月2日取材)(2010年09月13日作成)
神代植物公園(2010年5月2日取材)(2010年08月03日作成)
神宮外苑の銀杏並木(2008年12月15日作成)
養老渓谷の紅葉(2008年12月07日作成)
その他の記事はこちら
古い記事:横浜線205系ATS-B残存車>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter