JR西日本各線 - 関西旅行2008(7)

カテゴリ:遠征旅行記関西旅行2008 | 公開日:2008年12月16日11:42


10月の関西旅行の続きです。次はJR西日本の各線です。

■私鉄優勢からJR優勢へ


左上から時計回りに221系、223系(阪和線・大和路線系統)、207系、321系。(前半2枚は天王寺駅にて、後半2枚が大阪駅にて)
※クリックで拡大

首都圏では東京から半径50~100kmのJR東日本各線を「東京近郊区間」と設定されていますが、大阪近辺のJR西日本各線もこれと同様「大阪近郊区間(通称:アーバンネットワーク)」が設定されています。この区間は大都市であるため利用者数は多いですが、その一方で競合する私鉄が多数走っており、国鉄時代から輸送改善が重点的に行われてきました。その流れはJRへの分割民営化後も変わらず、民営化から2年後の1989(平成元)年にはJRになってから独自に設計された通勤・近郊型としては初となる221系を新快速に投入し、それまで私鉄優勢であった京阪神間の輸送について一気に巻き返しを図ることに成功。攻勢はその後も続き、後継の223系では快速列車で初の最高速度130km/h運転を実現し、JRの優勢はもはや不動のものとなりました。その後、近郊型車はこの221系と223系、通勤型車は207系とその後継の321系の計4系列がJR西日本のアーバンネットワークを支える車両としてその数を増やしていきます。


223系(JR京都線・神戸線)(左:篠原駅にて)とその車内(右:野洲駅にて)。一世代前の221系もほぼ同様のレイアウト。
※クリックで拡大


関空特急「はるか」281系(天王寺駅にて)


駅ホームの電光掲示板(野洲駅にて)。首都圏で導入された「東京圏輸送管理システム(ATOS)」と同類のもの。

■まだ多数派の103系


大阪近郊を走る103系3色。左上から時計回りに大阪環状線、阪和線、大和路線、103系の車内。いずれの車両も車体の腐食防止のため戸袋窓を新しい板の溶接により塞いでいる。(全て天王寺駅にて)
※クリックで拡大

その一方で、国鉄時代から引き継いだ103系や113系といった古い車両が時代に応じた改良を行いながら現在も多数使用されているのもJR西日本の特徴となっています。103系に関しては現在も大阪環状線、阪和線など「第一線」で活躍を続けており、この中にはクハ103型のトップナンバー車が含まれていることは特筆に価すべきことです。また、アーバンネットワークの第一線を外れた車両も首都圏のように即廃車にするのではなく、編成短縮・ワンマン運転対応化などを行って地方のローカル線に転用するなど有効利用されています。これらの車両の中にはコスト削減のため必要最小限の改造で済ませた結果、「中間車の格好をした先頭車」など旧型国電然の特異な形態の車両もあり、ファンの間では度々話題となっています。


首都圏では消滅寸前の201系も大阪ではリニューアルされた上で全車両健在。左は大阪環状線、右は大和路線。車両は各線でプールされており、別線区で運行される場合もある。(2枚とも天王寺駅にて)
※クリックで拡大



▼脚注
※:JR東日本・東海・西日本では民営化直後から205・211系の製造が行われていたが、これらの車両は国鉄時代から引き続き製造されていたもので、JRが新規設計を行ったものではない。

▼参考
JR西日本
編集長敬白: 今なお現役!クハ103‐1。
交友社「鉄道ファン」各号 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:関西旅行2008 の最新記事

JR西日本各線 - 関西旅行2008(7)(2008年12月16日作成)
大阪市営地下鉄 - 関西旅行2008(6)(2008年12月08日作成)
京阪電鉄 - 関西旅行2008(5)(2008年11月26日作成)
阪急電鉄 - 関西旅行2008(4)(2008年11月22日作成)
城東貨物線淀川橋梁(赤川仮橋) - 関西旅行2008(2)(2008年11月12日作成)
彦根城 - 関西旅行2008(1)(2008年11月07日作成)
その他の記事はこちら
古い記事:神宮外苑の銀杏並木>>>

Facebookのコメント

コメント

秩父鉄道で活躍する元JR西日本の車両
羽生~三峰口間の秩父鉄道にはJR西日本の車両が活躍してる。大阪環状線、阪和線、関西線の電車は秩父鉄道で頑張ってるからだ。熊谷~三峰口間はSLのパレオエクスプレス号が活躍してるんだ。西武の車両が乗り入れし、元の都営地下鉄三田線と東急の車両が活躍してるわけだ。JR東日本の中央線の車両が秩父鉄道で走れるように祈る。
2010/06/04 22:47 | URL | 投稿者:タクロウ [編集]
Re: 秩父鉄道で活躍する元JR西日本の車両
タクロウさま>
秩父鉄道の1000系(元101系)ですが、あの車両はJR西日本ではなく国鉄・JR東日本から購入したものです。JR西日本でも民営化当初は101系が使用されていましたが、車体の老朽化のため1992年までに全車両が廃車・解体されています。
この1000系電車も現在7000・7500系(元東急8500・8590系)での入れ替えが進行中で、まもなく姿を消すものと思われます。元の会社が異なる3種類の車両が一度に見ることができるのも後わずかの間と思われます。
2010/06/18 21:47 | URL | 投稿者:takuya870625(管理人)
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter