地下鉄博物館、平日に行きました・・・

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



▲葛西駅1番線(西船橋方面)ホームにある看板

東西線に乗っていった先は葛西の地下鉄博物館でした~。

地下鉄博物館
地下鉄博物館は地下鉄東西線葛西駅の高架下にあります。
入口を入ると駅と同じ券売機で入館券を買い、さらに自動改札機を通って館内に入ります。



▲300形(左)と1000形(右)。下の写真はその車内。

この博物館の目玉は入ってまず目に入る、丸ノ内線で活躍していた300形301号と、銀座線の開業時に活躍していた1000形1001号です。地下鉄博物館ができた当初は、1000形のほうしか展示していませんでしたが、数年前に博物館のリニューアルに合わせて中野の車庫で保存されていた300形が搬入されました。どちらも車内に入れるようになっています。
1000形のほうは開業当初の駅のホームを模した形で置かれており、車内にもそれにあわせた人形が置かれています。線路も忠実に再現されており、送電用の第3軌条などを間近で眺めることができます。また車両の前の線路上には開業時に採用されていた打子式ATS(※)も置かれていました。300形のほうは逆に特に装飾は行われていませんでしたが、窓ガラスの一部にフィルム状のディスプレイを設置して丸ノ内線の歴史?の映像を流していました。ちなみに音声を流すスピーカーは車両の天井についていたものを流用していました。



▲1000形の前にある打子式ATS

(※資料)打子式ATS
銀座線と丸ノ内線で当初採用された保安装置。信号機が赤のとき、信号機手前のレール脇にT字型のアームが立ち上がり、電車が誤進入した場合はこのアームが車両の台車に設置したブレーキコックに当って非常ブレーキを作動させるもの。名古屋や大阪の地下鉄でも採用されたが現在はいずれもCS-ATCに交換され消滅している。




▲左上:シールドトンネルの模型
 右上:運輸指令のデスク。ディスプレイには葛西駅の実際の映像が流れる
 左下:運転のシミュレーター
 右下:御茶ノ水付近のトンネル断面の模型

奥に行くと地下鉄の博物館らしくトンネルの建設方法や設備に関する説明が並んでいます。シールドトンネルの一部がそのまま置かれており、トンネル内の信号設備や非常電話の説明がなされています。さらに奥にいくと、お子様のお待ちかね電車の運転シミュレーターと鉄道模型があります。シミュレーターのほうは千代田線6000系、丸ノ内線02系、半蔵門線8000系、東西線5000系の4種類があります。

平日とあってかなり閑散としており、撮影には最適でした。シミュレーターの前の係員の方がヒマそうにしていました。(結局私もやらずじまいでした。)

開館時間・料金等
●休館
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月30日~1月3日)
●開館時間
10時~17時(入館は16時30分まで)
●料金
一般 210円
4歳~中学生 100円
●ホームページ
http://www.chikahaku.jp



▲葛西駅2番線(中野方面)のホームにある看板

この後は西船橋経由で海浜幕張に行きました。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  東京メトロ  地下鉄博物館

カテゴリ:博物館・資料館 の最新記事

鉄道博物館2012(2012年09月14日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その2(2008年03月12日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その1(2008年03月11日作成)
交通博物館の跡(2007年07月05日作成)
「文化むら」保存車両の厳しい現実(2006年09月07日作成)
碓氷峠鉄道文化むら(2006年09月06日作成)
地下鉄博物館、平日に行きました・・・(2006年06月24日作成)
閉館後の交通博物館(2006年06月17日作成)
交通博物館Part???(2006年05月04日作成)
旧新橋停車場と汐留シオサイト(2006年03月27日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:七夕飾り
古い記事:05系Alリサイクルカー>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter