清澄庭園ライトアップ(11月23日)



神宮外苑の銀杏並木を見た後は国立競技場駅から都営地下鉄大江戸線に乗って清澄白河駅へ向かいました。向かうは清澄白河駅近くにある清澄庭園のライトアップです。

■避難場所になった庭園


清澄庭園は江戸時代享保年間に下総国関宿(現在の千葉県野田市)の城主久世大和守の下屋敷として現在の庭園の原型が作られました。その後、明治時代になり岩崎彌太郎(上野公園の脇にある旧岩崎邸庭園も所有していた)が自身が創業した三菱財閥社員の慰安や貴賓の招待場所として整備し、現在の庭園ができあがりました。1923(大正12)年の関東大震災では被害を受けながらも周辺の市民の避難場所として機能し、多くの人命を救いました。この実績を見た彌太郎の子である久弥は被害の少なかった東側半分(現在の清澄庭園を構成する部分)を東京市に寄付し、整備の上で1932(昭和7)年に公開します。その後、残った西側半分も1977(昭和52)年に清澄公園として整備し、開放されました。その2年後、清澄庭園は東京都の指定名勝となっています。


池とライトアップされた紅葉。右端の涼亭(茶室)は予約制の施設だが、この日は特別に自由に出入りすることができた。
※クリックで拡大

ライトアップは11月21日(金)から11月30日(日)までの9日間行われました。この清澄庭園は以前昼に訪れたことがあるのですが、その時は都心から少し離れていることもあって閑散としていました。今回は紅葉には少し早い状況でしたが、普段は見られない夜の庭園ということで大勢の人で賑わっていました。


中の島の紅葉。
※クリックで拡大


ライトアップされた紅葉が水面に反射する。
※クリックで拡大


・・・と、ここで問題発生。撮影に使用していたデジタル一眼(PENTAX K10D)のバッテリーが切れてしまったのです。仕方が無いので予備のコンデジ(CanonPowerShotA700)に切り替えます。


左から・・・雪吊りが取り付けられた松と灯篭、ライトアップされた柳の木、モミジ。
※クリックで拡大

この日は毎週日曜日恒例の合唱団の練習があり中途半端な余裕時間だったのですが、コンパクトな清澄庭園はそれにちょうどいい広さ・内容でした。新年は2日からオープンしており、さまざまなイベントも行われる予定です。是非お出かけになってはいかがでしょうか?

清澄庭園施設概要
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末年始(12月29日~1月1日)
料金:中学生以上150円、65歳以上70円、都内在住の小中学生は無料

▼参考
清澄庭園|公園へ行こう!(財団法人東京都公園協会Webページ)

▼関連記事
清澄庭園(2006年7月8日作成)
浜離宮恩賜庭園・・・夜編(ライトアップ特別開園) (2006年10月10日)
六義園ライトアップ (2006年11月30日) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

Facebookのコメント

コメント

(移動しました)
(管理人より)
記事に関係しないコメントのため、ゲストブックに移動しました。ご了承ください。

2009/01/19 01:05 | URL | 投稿者:mo
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter