都電荒川線・併用軌道にて

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

もう一つ都電荒川線の記事です。
(荒川車庫『路面電車の日イベント」についてはこちら

かつて東京中心部の道路には都電(路面電車)が縦横無尽に走っていました。これは東京に限ったことではなく全国各地で見られた光景でした。当時は自動車の普及は進んでおらず、交通の主役は鉄道であったからです。しかし、東京オリンピックに前後して爆発的に自動車の数が増え始め、路面電車が道路上を走る併用軌道区間では軌道敷内への自動車進入を許可せざるを得ず、軌道内に自動車が滞留し事故や交通渋滞、路面電車の慢性的な遅れが発生するまでになってしまいました。東京ではこういった情勢に加え、郊外線と相互乗り入れする地下鉄の整備が急速に進み都電の一斉廃止へと進んでいきます。しかし、荒川線はほぼすべてが道路上を走らない専用軌道区間であったことから、今日まで生き残っているものです。とは言えJR王子駅付近では部分的に道路との併用区間になっています。その様子です。

「難所」=「運転士さんの腕の見せ所」?
都電荒川線王子駅前→飛鳥山
※クリックで拡大

電車の走行する様子を歩道橋から・・・
GIFアニメにしてみました。
①王子駅前から併用軌道になります。自動車に混じって飛鳥山公園沿いの急坂を上ってきました。
②交通信号に従って停止します。
③信号が青になりました。(ちなみに左下の橙色の矢印が電車用信号です。)
④交差点を横切り・・・
⑤飛鳥山電停、そして専用軌道へ入ります。

一方電車に乗ったときの様子は・・・
王子駅前電停から飛鳥山電停へは急な上り坂になっており、フルノッチで駆け上がっていきます。雨の日は運転が大変そうです。そしてその先は明治通りと本郷通りの分岐するT字路です。ここでは電車が交差点内を縦断するため、場合によっては自動車と衝突する恐れがあります。ここで運転士さんが車外スピーカーで放送してドライバーに注意を促すのですが・・・

(運転士さんのアナウンス)
え~、明治通りへ右折するドライバーの方にお願いします。 電車は交差点内を直進します。決して電車に突っ込まないようご注意願います。

過去に直進の電車に突っ込んだ『チャレンジャー』がおりました。

ドライバーの皆さんくれぐれもご注意ください。

この瞬間車内の停車中のドライバーと電車内の乗客の皆さんは大爆笑したのは言うまでもありません(爆)こんなアドリブをきかせることができるのも、その場所の事情を熟知している路面電車の運転士さんならではのことではないでしょうか?電車は交差点を申し訳なさそうに横切り、向きを変えて住宅街の中の専用軌道へ吸い込まれていきます。そしてすぐに飛鳥山電停に停車します。

その他写真


飛鳥山電停側から眺めた交差点の様子です。



交差点の電柱についているスピーカー。ドライバーへの注意喚起用か?


このようにして自動車とうまく共存しているのが今日の都電です。

世界的に見ると、環境やバリアフリー面での優位性から路面電車を見直す動きが活発化しています。国内におけるひとつの動きが、先日開業した富山ライトレールでしょう。このほかにも各地で残存している路面電車で施設の改良や路線の延伸計画などが出てきています。これらを手本として日本でも都市の交通システムとして、路面電車が復活することを願ってやみません。



この記事を進めているさなか、都電に関して残念なニュースが入ってきました。
都電荒川線 追突事故今日(6月13日)午前9時半ごろ、都電荒川線の梶原-栄町間で、試運転中の電車に乗客の乗った後続の電車が追突する事故が発生しました。先行の試運転電車はブレーキテストのため急停車したもので、後続の電車は減速が間に合わずに追突したものと思われます。この事故で後続電車の乗客27人が重軽傷(うち4人は骨折)を負いました。
参照:都電が追突、27人けが…ブレーキ検査の車両に(読売新聞)(リンク切れ)


こうした事故は極めてまれであるものの、今後乗客の減少に拍車がかかってしまうことにならないよう願っている次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:東京都交通局 の最新記事

日暮里舎人ライナー(2008年07月04日作成)
都営大江戸線、2駅ですが乗りました(2006年07月09日作成)
都営三田線・都営新宿線(2006年06月16日作成)
都電荒川線・併用軌道にて(2006年06月13日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter