電話線のマンホール

カテゴリ:道路マンホールのフタ | 公開日:2006年06月03日23:49
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


超久しぶりのマンホールネタです(爆)

電話線は電柱に張られている場合もありますが、都市景観に配慮して最近は地下化することも多くなっています。そういった場合はこのように電話線用のとう道とマンホールが設けられます。(共同溝でほかのライフラインと一緒にされる場合もあります。)電電公社時代から設置が進められたため、マンホールの中央のマークには公社時代とNTT移行後の2種類が見られます。また、形状もマンホールとしては珍しく長方形のものが見られます。(頻繁に開けないからでしょうか?)通常の電線から光ファイバーへの移行期には頻繁にこのマンホールのふたを開けて電線の引き替え工事を行っていました。

写真詳説
左上:いまだに多く残る「電電公社」のマーク入りマンホール。
右上:左と同絵柄で「NTT」にマークが変わったもの。
左下:横長のマンホール。「電電公社」マークのものもある。
右下:珍しい2分割型。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:マンホールのフタ の最新記事

茨城県・守谷市のマンホール(2016年08月26日作成)
春日部市(旧庄和町)のマンホール(2016年06月30日作成)
西東京市(旧保谷市)のマンホール(2012年12月14日作成)
鎌ヶ谷市のマンホール(2012年11月16日作成)
取手市のマンホール(2011年12月07日作成)
豊郷町のマンホール - 関西旅行2010(24)(2011年11月02日作成)
野田市のマンホール(2011年10月17日作成)
長浜市のマンホール - 関西旅行2010(22)(2011年09月28日作成)
稲城市のマンホール(2011年09月07日作成)
尼崎市のマンホール - 関西旅行2010(15)(2011年03月09日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter