電話線のマンホール

カテゴリ:道路マンホールのフタ | 公開日:2006年06月03日23:49
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


超久しぶりのマンホールネタです(爆)

電話線は電柱に張られている場合もありますが、都市景観に配慮して最近は地下化することも多くなっています。そういった場合はこのように電話線用のとう道とマンホールが設けられます。(共同溝でほかのライフラインと一緒にされる場合もあります。)電電公社時代から設置が進められたため、マンホールの中央のマークには公社時代とNTT移行後の2種類が見られます。また、形状もマンホールとしては珍しく長方形のものが見られます。(頻繁に開けないからでしょうか?)通常の電線から光ファイバーへの移行期には頻繁にこのマンホールのふたを開けて電線の引き替え工事を行っていました。

写真詳説
左上:いまだに多く残る「電電公社」のマーク入りマンホール。
右上:左と同絵柄で「NTT」にマークが変わったもの。
左下:横長のマンホール。「電電公社」マークのものもある。
右下:珍しい2分割型。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:マンホールのフタ の最新記事

茨城県・守谷市のマンホール(2016年08月26日作成)
春日部市(旧庄和町)のマンホール(2016年06月30日作成)
西東京市(旧保谷市)のマンホール(2012年12月14日作成)
鎌ヶ谷市のマンホール(2012年11月16日作成)
取手市のマンホール(2011年12月07日作成)
豊郷町のマンホール - 関西旅行2010(24)(2011年11月02日作成)
野田市のマンホール(2011年10月17日作成)
長浜市のマンホール - 関西旅行2010(22)(2011年09月28日作成)
稲城市のマンホール(2011年09月07日作成)
尼崎市のマンホール - 関西旅行2010(15)(2011年03月09日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[2]世田谷代田駅)(2018/02/24)
コメント・拍手機能を廃止します(2018/02/23)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[1]東北沢駅・下北沢駅)(2018/02/17)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2017年9月20日取材)(2018/02/16)
東京メトロ東西線南砂町駅改良工事(2017年9月20日取材)(2018/01/21)
一連の無断転載事象を受けた対応について(2018/01/17)
2018年の予定(10周年を迎えるにあたり)(2018/01/09)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2015~2017年取材まとめ)(2017/11/11)
新京成新鎌ヶ谷駅周辺の高架化(2016・2017年取材)(2017/10/20)
東急大井町線急行7両化工事(2017年10月7日取材)(2017/10/12)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【お知らせ】2月末をもちまして各記事のコメント欄・拍手機能を廃止します。詳しくは→こちら(2018,02,23)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】まんだらけ様・COMIC ZIN様で「東急新玉川線(上)」の委託・通信販売実施中です。詳しくは→こちら(2018,01,14)
【京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】まんだらけ様で委託・通信販売実施中です。なお、COMIC ZIN様分は完売となりました。詳しくは「出展予定」をご覧ください。(2018,01,21)
【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】個人通販実施中です。在庫限りの販売となりますので、お早めにご注文ください。詳しくは「出展予定」をご覧ください。(2018,01,25)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter