東京駅八重洲口開発―こっちも忘れちゃいけない

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。





東京駅については、以前数回に渡って丸ノ内赤レンガ駅舎の復原工事についてお伝えしましたが、この工事に並行して八重洲口でも現在の古いビルを建替える事業が進められています。

八重洲口開発

建替えられるのは現在大丸でパートが入居している鉄道会館ビルです。東海道新幹線開業に前後して建てられたこのビルは老朽化が進み、手狭になっています。また、八重洲口は丸ノ内口とは対照的に満足にバスターミナルも確保されず、路線バスや高速バスの乗り場は外堀通りを挟んだ反対側にも分散していて、利用者は不便を強いられています。

これを解決すべく進められているのが、現在のビルを南北2本の高層タワーに集約し、現在ビルが建っている敷地を歩行者用デッキにする事業です。現在は鉄道会館ビルの両側で高層2本のタワーの建設が最盛期を迎えています。

この2つのタワーは南側が「グラントウキョウサウスタワー(Gran Tokyo South Tower)」(地上42階・地下4階)、北側が「グラントウキョウノースタワー(Gran Tokyo North Tower)」(地上43階・地下4階)と名づけられています。また、今後現在の鉄道会館ビルの跡地にできる歩行者デッキは「グランルーフ(Gran Roof)」と名づけられています。JR東日本とともに三井不動産㈱・鹿島八重洲開発(㈱)・国際観光会館㈱・新日本石油㈱が事業主体として加わっています。

▼参考
JR東日本 東京駅を含む開発エリアおよび新築ビル等の名称決定について
「東京駅ルネッサンス」イベントの配布パンフレット

南北2本のタワーは来年10月竣工予定となっており、竣工後は北側タワーに大丸デパートを移転し、現在の古いビルを解体します。そして跡地に歩行者デッキやバスターミナルを整備して2011年3月に全てが完成する予定です。

写真詳説
①北側タワーの工事現場に建つクレーン。
②北側から八重洲口全体を眺める。
③南側から同じく八重洲口全体を眺める。
④南側タワーの工事現場。鉄骨が建ち始めている。

※写真は全て2006年5月4日撮影。現在はもっと工事が進んでいるものと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
<<<新しい記事:電話線のマンホール

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter