パンタグラフ大丈夫ですか・・・?

カテゴリ:鉄道:駅・施設・風景 | 公開日:2006年05月30日22:59
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

JRおおみや鉄道ふれあいフェアの日のさらにつづきです。
1つ前の記事
2つ前の記事
3つ前の記事

大宮から埼京線に乗り、新宿駅まで来ました。しかし、雨が酷かったのでもうどこにも行けないと判断して中央線に乗り東京駅経由で帰宅することに・・・




ついでということでまた東京駅で中央線の201系を撮影しましたが、雨のため思うように露出が上がらずブレまくり・・・結局この1枚以外は全てボツです。そのうちまた撮り直しに行きます。

ホームの神田方で撮影していると、到着・出発する電車のパンタグラフが結構派手にスパークを起こしています。しかも雨が降っているにもかかわらず。(ちなみに地上からもよく見えます。最初に気がついたのは3月に東海道線の撮影をしていたときです。)デジカメの動画機能で撮ったものから切り出してみました。

↓極めつけはこれ。矢印の先に注目↓
パンタグラフスパーク
※クリックで拡大

火の粉が飛んでいます(爆)

どうもこの部分は駅の入り口ということで架線を区切る必要があり、短い区間にセクションを挿入するなど特殊な構造になっているため、パンタグラフが離線しやすく、このような激しいスパークが起きてしまうものと思われます。頻繁にスパークが起きる部分はトロリ線(パンタグラフが接触する架線)が熱で変色してしまっています。こうなると、トロリ線が溶けて表面が荒れてしまい、余計にスパークを起こしやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。よく見ると、この部分の架線だけ何度も取り替えた形跡が見られます。。(このまま取り替えないでいつまでも放置するといつか架線が溶断します。)




(注)大きな駅では、故障の応急修理などができるようにホーム部分の架線だけを区切って停電させられるようにしている。変電所の区切りに置かれる架線の渡り(エアセクション)のほか、架線の途中にFRP製の棒など絶縁体を挿入することで架線を区切っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[2]世田谷代田駅)(2018/02/24)
コメント・拍手機能を廃止します(2018/02/23)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[1]東北沢駅・下北沢駅)(2018/02/17)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2017年9月20日取材)(2018/02/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】5/5(土)に東京ビッグサイトで開催される「コミティア124」への出展が決定しました。スペース番号は「W60a」です。詳しくは→こちら(2018,04,19)
【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】通信販売の受付は終了しました。5/5(土)のコミティア124が最終販売となります。(2018,04,23)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter