埼京線205系・りんかい線70-000形

カテゴリ:鉄道:JRの車両 | 公開日:2006年05月29日23:42
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

JRおおみや鉄道ふれあいフェア(関係記事1つ目2つ目)の帰りは埼京線を利用しました。

新幹線規格の線路



埼京線は大宮~赤羽間で東北・上越新幹線と並行しています。これは新幹線建設に際して沿線住民への見返りとして建設された「通勤新線」であり、法規上は東北本線の別線となります。新幹線に並行して建設されたことから線形はよく、ほとんどの区間で最高速度100㎞/hの高速運転が可能となっています。

また新幹線の技術を取り入れて、保安設備としてATC(自動列車制御装置)が、旅客案内設備としてポイントや放送などを自動で制御するPRC(プログラム進路制御装置)が採用され、その後の鉄道のさきがけとなる試みが盛り込まれました。このうち、PRCはその後の運転形態の複雑化や設備の老朽化のため首都圏の他の路線に整備が進んでいるATOS(東京圏輸送管理システム)に改修されました。

現在の問題点としては、混雑率が首都圏の他の路線と比べてもかなり高水準にあることや(この結果、埼京線は痴漢被害が多いことで有名になってしまった)、古いATCシステムや湘南新宿ラインと重複する池袋~大崎間の線路容量から増発が難しい状況になっていることでしょうか。

大宮駅ホームの赤羽寄りにある「ATC投入」の標識

りんかい線と直通



埼京線は開業当初、山手線への205系投入で余剰になった103系で車両をまかなっていましたが、やはり連続100㎞/h走行には無理があり、JR化後早々に205系に置き換えられています。最近ではりんかい線直通に伴って、従来の方向幕がLED化されたり、山手線へのE231系投入で余剰になった6ドア車を組み込んで混雑緩和への努力が行われています。

2002年12月からは湘南新宿ラインを介してりんかい線の新木場駅まで相互乗り入れが開始されました。当初りんかい線側には6両編成の列車も残っており、限定的な乗り入れでしたが、並行して進められた池袋駅の立体交差化などの完成や、現在は全編成が10両かされてされ、直通本数も大幅に増加しています。

左がりんかい線70-000形、右がJR205系




埼京線と乗り入れを行うりんかい線は今年で開業10周年となり、それを記念して車両にヘッドマークとステッカーの貼り付けが行われています。

▼参考
東京臨海高速鉄道りんかい線Web

70-000形の10周年記念装飾

全て大宮駅地下埼京線ホームにて。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:鉄道:JRの車両 の最新記事

埼京線E233系7000番台(2014年11月17日作成)
JR東日本・仙台地区の車両(2010年08月19日作成)
京葉線E233系5000番台(2010年08月05日作成)
横浜線開業100周年(2008年10月10日作成)
さよなら「ゆとり」踊り子号@品川駅(2008年03月09日作成)
京葉線新木場駅・その2(2007年12月08日作成)
京葉線・東京モーターショー関連臨時列車(2007年10月29日作成)
E331系甲種回送(新習志野駅)(2007年10月27日作成)
南武支線(2007年10月09日作成)
鶴見線(2007年10月04日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter