我孫子線・成田線

カテゴリ:鉄道:JRの車両常磐線 | 公開日:2006年05月26日13:43
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

我孫子駅から千葉に戻るまでです。

常磐線から成田へ









我孫子からは成田線に乗り、成田へ向かいます。この区間は通称「我孫子線」と呼ばれ、常磐線からの快速電車がそのまま直通してきます。(千葉方面からは直通しない。)車両は以前は常磐線の103系と千葉地区の113系が入り乱れていましたが、現在はすべて常磐線から直通するE231系になっています。沿線では最近宅地開発も若干行われていますが、まだまだ小規模であり線路の周りは一面田畑という感じです。全線単線、列車本数は朝のラッシュ時でも一時間に4本と立派なローカル線の部類になります。区間中全駅に上下列車の交換設備があり、時間調整のため10分近く停車することも珍しくありません。このような路線ですが、ほぼ全駅に放送設備があり、きちんと発車ベルやメロディーが鳴らせるのは意外なことです。

1枚目:我孫子線に乗り入れる常磐線のE231系(写真は折り返しの回送列車)。我孫子にて。
2枚目:我孫子で前5両を切り離し、10両編成で成田へ向かう。行き先表示は2つ併記。我孫子にて。
3枚目:「一寸先は闇」の図…。下総松崎駅ホームから。


「L特急」は消え…









つい最近まで成田地区の特急列車は成田エクスプレスを除いて、国鉄時代から引き継がれた183・189系のみでした。これは総武線東京地下駅の信号設備や関係法令などが理由でしたが、乗り入れの要件が緩和され、車両のほうも製造から30年近くが経ち、老朽化やサービスの陳腐化が進んだため、内房・外房線ですでに導入されていた255系や新型のE257系500番台が導入され、旧型車は淘汰されました。

一方、普通列車のほうは相変わらず113系という状態が続いています。東海道線へのE231系投入で余剰になった経年の新しい113系で従来の古い113系を廃車するということも行われました。写真2枚目の車両もそのひとつで、幕板部の塗装には湘南色時代の痕跡(塗装面の段差)が見られます。

現在もこのように活躍を続けている113系ですが、宇都宮・高崎線のグリーン車増車に関連して、211系が房総地区に転属してくるという話もあり、先はそれほど長くないのかもしれません。

1枚目:255系特急さざなみ。佐倉にて。
2枚目:内房線113系。千葉にて。
3枚目:▲の車両は東海道線から転属してきた車両。側面上部の紺色の部分に注目。

先日、幕張車両センターで発生した列車の衝突事故で洗車機が一部破壊されたため、列車の洗車が思うようにいかないのか、このように車体が激しく汚れた車両が多く見受けられます。事故の再発防止の検討に加え、破壊された洗車機の復元が急がれています。


「千葉地区鉄道1週旅行」 2006年5月21日(日)

(完)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:常磐線 の最新記事

常磐線各駅停車・千代田線E233系2000番台(2010年9月5日取材)(2011年01月18日作成)
常磐線・成田線“エアポート常磐”運転(2008年01月07日作成)
203系を撮影(2007年06月19日作成)
変わる常磐線(2007年02月21日作成)
高浜駅での通過待ち(2006年09月16日作成)
415系車内のいろいろ(2006年09月16日作成)
415系常磐線・・・交直セクションを越えて(2006年09月15日作成)
203系・・・201系の地下鉄乗り入れ版(2006年09月15日作成)
我孫子線・成田線(2006年05月26日作成)
千代田線6000系・常磐線203系・415系(2006年05月24日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter