渋谷川の跡を辿る 序章

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2006年05月08日23:45
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


「渋谷川」・・・
この川の名前を知っている方は果たしてどれだけいらっしゃるでしょうか?

若者の町渋谷。その地名が示すとおりこの地は谷になっています。隣の表参道駅まで地下を走っていた東京メトロ銀座線が、渋谷駅を前にして唐突に地上に飛び出すのはこのためです。当然谷底には水が集まってきます。夏の夕方NHKのニュースでしばしば出てくる、夕立の大雨で冠水しているハチ公広場前の交差点がそれを物語っています。そして地下に隠れているものの、きちんと川も流れています。これが「渋谷川」です。

東京の都心部はかつて豊富な湧き水に恵まれ、あちこちにきれいな川が流れていました。しかし、戦後から高度経済成長期にかけて爆発的に進んだ都市化と人口増加により、井戸水が過剰にくみ上げられ湧水は枯渇。また都市内の河川は生活排水により悪臭の元として嫌われるようになりました。東京オリンピックと前後して、「臭いものにはふたをする」と言わんばかりにこれらの川の暗渠・下水幹線化が進められました。今回取り上げる渋谷川、以前「ボラちゃん」で話題になった大田区の立会川の上流部などがその例です。

渋谷川は先に紹介した新宿御苑の池を源する本流と、初台方面からの「宇田川」から成り立っています。渋谷センター街付近に「宇田川町」と言うの地名がありますが、まさにその下に今でも川が流れているのです。かつて豊かな水量を誇った宇田川上流部の「河骨川(こうぼねがわ)」は文部省唱歌「春の小川」の元になった川でもありますが、残念ながら現在は単なるマンホールの中を流れる下水管となってしまっています。一方、新宿御苑からの本流の跡は現在も道路としてその形をよく残しています。
今回は本流の跡を徒歩で辿ってみました。延べ1時間ほどの旅です。


写真
渋谷駅付近の光景。地下鉄銀座線が高架線上ですれ違う。バスターミナルの端では地下鉄13号線の工事が進む。実は左の東急百貨店の下を渋谷川が流れているのだ。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京 ジャンル:地域情報
タグ:  東京  暗渠  渋谷川
<<<新しい記事:新宿駅にて
古い記事:100周年の新宿御苑>>>

Facebookのコメント

コメント

暗渠となった渋谷川
渋谷川は現在、新宿御苑池~渋谷駅前間が暗渠となってる。戦後には流路を見ることが出来たが、悪臭が漂った原因で蓋をされた。汚水を川に流し、住民たちに迷惑をかけたんだ。川を汚すと苦情が相次ぐと警察に通報されることがある。渋谷川と合流する宇田川は暗渠となり、見ることが出来なくなった。
2012/06/23 14:06 | URL | 投稿者:タクロウ
コメントの投稿受付は2018年2月28日をもちまして終了させていただきました。詳しくは→こちら

最新記事

西武新宿線中井~野方間地下化工事(2018年6月16日取材)(2018/08/27)
東京メトロ銀座線渋谷駅移設 - 渋谷駅再開発2018(2)(2018/05/11)
渋谷駅再開発事業の概要 - 渋谷駅再開発2018(1)(2018/05/05)
首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[2]世田谷代田駅)(2018/02/24)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】完売していた書泉グランデ・ブックタワー様での販売を再開しました。また、新たに自家通販も開始しました。詳しくは→こちら(2018,08,20)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter