交通博物館Part???

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。





寝台特急「出雲」の客車が展示されているということでまたまた行ってしまいました。しかも今回は朝8時半に行って記念硬券もきちんともらってきました。

写真詳説
①玄関前の車両にも「さよなら」装飾が。
②2月には無かった中央階段ののぞき窓。これはホーム上の「蓋」(赤い囲みの中)につながる。
③開館直後にもかかわらず早くも大勢のお客さん。
④昌平橋から眺めた高架線上の「出雲」編成。(ヘッドマークは??これじゃあ何の列車かわからないよ!



展示車両には寝台列車のものを模した「さよなら交通博」のヘッドマークが取り付けられていました。また、万世橋駅遺構見学はあまりにも好評で、4月中に予約枠が一杯になってしまったため、予約できなかった方々へのせめてもの救い?として、これまで中央休憩室の壁の裏に隠されていた階段の遺構を窓をつけて見られるようになされていました。(訪問1回目の2月時点では無かった)この階段は「見学ツアー」で回る階段の御茶ノ水方のホーム上のコンクリートで塞がれた部分につながっています。

おまけ



左:工部省マークのマンホール
交通博物館の裏手にありました。国鉄の前身の工部省のマークの入ったマンホールです。一体いつからここにあるのでしょう??
右:銀座線万世橋仮駅への階段跡
中央通りの石丸電気1号店前の歩道上にある地下鉄銀座線の通気口です。銀座線建設時、神田川をくぐる部分の工事に時間がかかったため、手前に万世橋仮駅を設置しました。その出入り口の跡がこのやや大きい通気口です。トンネルには痕跡は無く、地下鉄電車内からその場所を推測するのは困難です。
(→詳しくは以前の記事

▼関連記事
2月訪問時
交通博物館 その1(館内全般)
交通博物館 その2(万世橋駅遺構)
4月のEF55 1搬入時
交通博物館にEF55 1
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:博物館・資料館 の最新記事

鉄道博物館2012(2012年09月14日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その2(2008年03月12日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その1(2008年03月11日作成)
交通博物館の跡(2007年07月05日作成)
「文化むら」保存車両の厳しい現実(2006年09月07日作成)
碓氷峠鉄道文化むら(2006年09月06日作成)
地下鉄博物館、平日に行きました・・・(2006年06月24日作成)
閉館後の交通博物館(2006年06月17日作成)
交通博物館Part???(2006年05月04日作成)
旧新橋停車場と汐留シオサイト(2006年03月27日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:神田川 「お茶の水分水路」
古い記事:東京散策@携帯  >>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter