市ヶ谷・桜と中央線

カテゴリ:鉄道:JRの車両中央線 | 公開日:2006年04月10日18:24
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



東中野の中央線沿いの桜を見たあと、そのまま市ヶ谷に戻りました。

こちらもお馴染み市ヶ谷の外堀通りの桜並木です。こちらもやや散り始めていましたが、木によってはかなり花が残っていました。外濠を挟んだ向かい側に中央線が通っています。やはり、201系の引退ということでこの組み合わせもまもなく見納めとなります。

①市ヶ谷駅前の釣り堀のあたり
②もう少し飯田橋よりに移動。201系が通過中。



▲斜面にある巨大な通気口
ちなみにこの外堀通りと外濠の下には地下鉄有楽町線と南北線が走っています。しかも飯田橋に向かう途中で両線のトンネル(円形のシールドトンネルです)の位置が入れ替わるという奇妙な構造になっています。(地図)外濠の土手には2線分のものと思しき巨大な通気口が数箇所開いています。

さらに余談・・・南北線をこのまま王子方面に辿っていくとなんと東京ドームの真下を通過しています。(地図)あの巨人戦の最中も、選手たちの足の下を地下鉄の電車が通過しているんですね・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  中央線  市ヶ谷駅  外濠  

カテゴリ:中央線 の最新記事

中央線E233系(2007年01月20日作成)
黎明期の中央線(2006年12月30日作成)
201系「四季彩」(2006年12月09日作成)
青梅線201系(青梅より先で撮影)(2006年12月06日作成)
中央線201系(2006年12月05日作成)
青梅・五日市線201系(2006年11月20日作成)
甲府駅にて(2006年09月23日作成)
中央線に3時間乗って・・・(2006年09月22日作成)
東京駅中央線ホームより(2006年09月12日作成)
御茶ノ水駅にて(2006年07月20日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

2020年を振り返って(2020/12/31)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(4)西八王子~大月(2020/12/24)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(3)青梅線西立川~青梅(2020/11/27)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(2)三鷹~八王子(2020/11/25)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(1)東京~吉祥寺(2020/11/20)
和歌山県和歌山市のマンホール(2020/11/19)
武蔵小杉駅横須賀線ホーム増設工事(2020年8月11日取材)(2020/11/14)
東武野田線高架化工事(2020年10月2日取材)(2020/11/07)
大分県別府市のマンホール(2020/10/31)
新しいパソコンを導入しました(2020/10/26)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

ホームドア整備」のカテゴリを「鉄道:建設・工事」から「鉄道:その他」に移動しました。(2020,12,09)
レイアウトを調整しました。横幅が大きいモニターでコンテンツが極端に横に広がらないよう表示領域に上限を設けました。(2020,11,18)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter