東京都のマンホール2

カテゴリ:道路マンホールのフタ | 公開日:2006年04月06日01:45
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。






●1段目
主に私有地との境界に置かれるマンホールです。下水道単体でおかれる場合や、他のライフラインもまとめて置かれる場合があります。下水道用は歩道に埋め込まれる場合は通常の丸型ですが、住宅地のように歩道が無くいきなり車道になってしまう場合は、道路の縁石に排水口と同様の形ではめ込まれる場合もあります。上水道のバルブ用は大抵は金属製でヒンジの付いた片開きのタイプです。ガスは以前紹介した標準的な形のほか、コンクリート製で「GK」と書かれたオリジナルのものもあります。
上写真左は歩道に埋め込まれた下水道のマンホール、右は手前から上水道・ガス・下水道の「ライフライン3点セット」のマンホールです。電話と電気がそろったらなお嬉?

●2段目
左は消火栓で、「区域量水器」とも書かれています。これは消火栓が必ず水道管の途中に組み込まれており、あわせてその地域の水道の使用量(目安)をしめすメーターが組み込まれているものと思われます。量水器と一体型の消火栓はスペースの狭い東京ならではのものではないでしょうか。ちなみに東京の消化用水の約8割はこの消火栓から得ているそうです。
▼参考
東京消防庁<消防マメ知識><消防雑学事典>

右は下水道などで一般的なJIS規格のマンホールですが「警」の字が入っています。これは主に交通信号機のそばに埋め込まれており、中には信号機の制御に関する機器が入っているものと思われます。よく見ると空気穴を溶接で無理やり潰しているのがわかります。最近ではタイルやカラー舗装化に合わせて正方形の色つきのマンホールに交換されるケースも増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:マンホールのフタ の最新記事

山ノ内町のマンホール(2019年05月08日作成)
須坂市のマンホール(2019年04月14日作成)
長野市のマンホール(2018年12月29日作成)
茨城県・守谷市のマンホール(2016年08月26日作成)
春日部市(旧庄和町)のマンホール(2016年06月30日作成)
西東京市(旧保谷市)のマンホール(2012年12月14日作成)
鎌ヶ谷市のマンホール(2012年11月16日作成)
取手市のマンホール(2011年12月07日作成)
豊郷町のマンホール - 関西旅行2010(24)(2011年11月02日作成)
野田市のマンホール(2011年10月17日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

山ノ内町のマンホール(2019/05/08)
都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2019年1月25日取材)(2019/03/14)
京急大師線地下化工事(2019年2月26日取材)(2019/03/03)
京成博物館動物園駅跡、開く。(2019/02/08)
2019年のご挨拶(2019/01/31)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。なお、COMIC ZIN新宿店は6/3(月)をもちまして閉店となりましたのでご注意ください。詳しくは→こちら(2019,06,04)
お問い合わせページに注意事項を追加しました。ご利用の際はご一読をお願いいたします。(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter