千葉市のマンホール 下水道用その2

カテゴリ:道路マンホールのフタ | 公開日:2006年03月24日18:01
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

私有地境界用




こちらは主に私有地との境界に置かれるタイプです。大きさは道路の真ん中に置かれるものよりやや小さく、住宅地でよく見かけます。舗装が更新されても取り替えられないこともあり、コンクリート製が大半を占めています。

左:取っ手の付いているタイプ。(写真は取っ手の棒が外されている。)中央にやはり千葉市の市章が入り、汚水管をしめす「汚」の字が入る。
右:取っ手の無いタイプ。中央に市章だけが入る。開けるには空気穴に金具を差し込んで持ち上げるようだ。設置から年月を経ており、この写真のように穴に取り付けられている金具は破損していることが多い。

新しいマンホール






設置から年月が経ったマンホールは腐食による破損や段差などの危険防止のため、舗装の更新などとともに順次新しいものに取り替えられています。新しいマンホールは絵柄も変わり、千葉市のシンボルマークの水玉模様を中心に、市の花である「大賀ハスの花」(千葉公園内の池が有名)、市の木である「ケヤキ」、市の鳥である「コアジサシ」が描かれています。絵柄は2種類あり、交互に使用されている場合もあります。
また、最近は都市景観に配慮してカラー舗装化する場合も増えており、これに合わせてマンホールも着色されるようになりました。比較のため色が付いているものと無いものの両方を載せてみました。着色したほうが何が描かれているのかわかりやすいですね。

左:タイプ1。こちらは「大賀ハスの花」で囲まれている。
右:タイプ2。こちらは「ケヤキ」が中心。

ちなみに「花の都ちば」をPRするキャラクター「ちはなちゃん」は大賀ハスから生まれた妖精だそうです。
▼参考
千葉市:シンボルキャラクター ちはなちゃんのお部屋
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:マンホールのフタ の最新記事

茨城県・守谷市のマンホール(2016年08月26日作成)
春日部市(旧庄和町)のマンホール(2016年06月30日作成)
西東京市(旧保谷市)のマンホール(2012年12月14日作成)
鎌ヶ谷市のマンホール(2012年11月16日作成)
取手市のマンホール(2011年12月07日作成)
豊郷町のマンホール - 関西旅行2010(24)(2011年11月02日作成)
野田市のマンホール(2011年10月17日作成)
長浜市のマンホール - 関西旅行2010(22)(2011年09月28日作成)
稲城市のマンホール(2011年09月07日作成)
尼崎市のマンホール - 関西旅行2010(15)(2011年03月09日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:都市ガスのマンホール
古い記事:戸塚大踏切の思い出>>>

最新記事

Yahoo!ジオシティーズサイトの今後について(2018/10/04)
西武新宿線中井~野方間地下化工事(2018年6月16日取材)(2018/08/27)
東京メトロ銀座線渋谷駅移設 - 渋谷駅再開発2018(2)(2018/05/11)
渋谷駅再開発事業の概要 - 渋谷駅再開発2018(1)(2018/05/05)
首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】完売していた書泉グランデ・ブックタワー様での販売を再開しました。また、新たに自家通販も開始しました。詳しくは→こちら(2018,08,20)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter